【店長ブログ】Merry Christmas !スタッフランチ会をしました

弊社では毎年クリスマス・ランチ会をしています。
メニューを決めて作るのですが、今年は鍋とたこ焼き。(ちなみに昨年は手巻き寿司と豚汁)

みんなでワイワイ作って食べる、楽しい時間。

そしてもう一つ恒例の

母お手製。社員さんへ1年の感謝を込めた、手作りお菓子のデザート。

フィナンシェ、フロランタン、クレームブリュレ、ネージュ。

途中、午後から打ち合わせのあったお客様も加わって、賑やかな時間となりました。

 

みなさまもよいクリスマスを!

店長 横山

【衣装紹介】岸本風神太鼓さん:大人な女性でも上品に着こなせる配色

スタッフ竹下もカワイイなとお気に入りの衣装。
岸本風神(きしもとふうじん)太鼓さんの衣装をご紹介します。

 

========

チーム名:岸本風神(きしもとふうじん)太鼓
地域:鳥取県
アイテム:あわせ半天(筒袖)+袴風パンツショート+ワンタッチ帯
制作日数:デザイン決定後から約2カ月

========

 

「新曲を演奏するにあたり、新しい衣装をつくりたい」とお問い合わせいただきました。
よさこいチームさんからインスピレーションを受けて製作した衣装です。

上着は太鼓がたたきやすいよう、筒袖に。
激しく動いてもはだけないよう胸元に内ヒモがついています。
落ち着いた紺とマゼンタの組み合わせは、「ピンクはちょっと…💦」という女性でもカッコかわいく着こなせますね♪
もちろん男性でも違和感なく着用できる色です^^

 

パンツもショート丈にすることによって、足さばきが良くなり動きやすいです。
ワンポイントにチーム名もプリントしています。
構えの時にちらりと見えるチーム名がカッコいいですよね~

チーム名のフォントはドドーンからのご提案。
岸本風神太鼓さんはスッキリと力強い2の書体をチョイスしました。

こんな感じでご提案しますよ↓↓

 

 

帯はマジックテープのワンタッチ帯で簡単に着脱できます。
着物のようにカッチリと帯付けたい、けど着付けが…。なんていう方にオススメです^^

 

岸本風神太鼓さんのフェイスブックを拝見させていただいたのですが、
袖を上げてみたり、ワンショルダーっぽくしてみたりと
衣装1つでいろいろな着方ができて楽しめるんだなと感心しました。
なにより皆さんの笑顔で太鼓をたたいているお写真がステキでした💕

 

岸本風神太鼓さんありがとうございました!
これからの活躍楽しみにしています^^

 

そんな、岸本風神太鼓さんの活動の様子はFacebookで!ぜひチェックしてみてくださいね!

 

スタッフ 竹下

 

オーダーについて詳しくはコチラ >>>

メールでのお問い合わせはコチラ >>>

オーダー専用カタログの請求はコチラ>>>

【店長ブログ】失敗

ここ3、4年、ドドーンは裏で色々とチャレンジをしてきました。

時間とお金も使って、新しい取り組みをしました。

そして、8割が失敗しました。
いや、もう少し上かな。

でも、色々わかったんです。
失敗から得たものは、大きかった。
だから、失敗できる環境にあったことに感謝しています。

さらに、一番大事なことに気づきました。

それは、お客さまのためになっているか?

この視点を忘れてはいけない、ということです。

そんな当たり前のこと、と思いますよね。
でも、頭でそう思っているのと、痛い思いをして腑に落ちているのでは、理解度が何倍も違うと知りました。

だから、これからも
数々のチャレンジを続け、会社がどうにかならないまで(苦笑)で失敗し、そこで得た糧をお客さまのためにブチ込む(おっと、失礼)。もとい、より良い衣装、サービスに還元する。

とてもシンプルなこと。

そして、これが楽しいということにも気づきました。

私たちの企業理念
—————————–
お客さまも、私たちも、この衣装にかかわるすべての人たちが「ハッピィ(豊か・幸福)」になること。そのために私たちは、毎日の仕事を「楽しい」ものにしたいと思っています。
—————————–

書いているじゃないの…。
ちなみにこれを書いたのは私ではなく社長です。

同じように痛い思いをしてきてくれたスタッフや外部の関係者の皆さんとともに、これからも楽しく衣装制作をしていきたいと思っています。

頭をかいている店長でした。

色味や質感を確認できる、生地サンプルをお送りします。

衣装を考えるときに、「軽い生地がいいけど、どんな生地があるんだろう?」って生地のこと気になりますよね。

 

お客様とのお打ち合わせの中でも、
「どんな生地を使って、衣装ができているのか知りたい」

「現物の生地を、みせてもらうことはできますか?」
という声も良くお聞きします。

その気持ちすごい分かります!
私もネットで洋服を買う時は、ついつい生地の厚みや素材感を気にしちゃいます。
長年身に着ける衣装だからこそ、チームに合った生地を選びたいですよね。

 

ドドーンでは、生地の厚さや肌ざわりなどをご確認いただけるように
カタログと一緒に生地サンプルも同梱しています♪
※カタログは無料でお送りします(^^)/


色も人気の色やオススメの色を厳選しました^^
厚みが気になる方は、土台から布を外していただき、直接手に取って確かめ頂いても大丈夫です👍

 

今回は、生地サンプルのアムンゼン生地(紺)でお作りした衣装もご紹介します↓↓

 

生地サンプルには記載のない色や分からない部分は、
カタログ請求の際に、「緑の生地が見たい」「白生地の透け感が気になる」など書いていただければ、すこし大きめの生地見本もお送りします
衣装を作ろうと考えているチームさんや、ストア商品の生地ってどうなの?って気になり悩んでいる方。
是非、カタログ請求してみてくださいね^^

 

スタッフ 竹下

 

オーダー専用カタログの請求はコチラ>>>

 

【店長ブログ】細見えにはウラがある

40代半ばになり、思わぬところに肉の厚みを感じる店長です。

練習で鍛えられているみなさんには関係ないかもしれないですが(羨まし)、ステージに立って見られる自分、を意識した時、そりゃ少しでもかっこよく見えたい…というのが本心。

もし私がステージに立つなら、自信を持ってドドーンの半天を選びます。

え、細身だけど大丈夫?って聞かれます。
大丈夫です。細い、というより、細身にみえる、のです。
ここ大事なポイントです。

ただ細い半天だと演奏中にはだけたり、きつかったりします。演奏に集中できません。
ドドーンでは太鼓を打つ動きを邪魔しないよう、ラインに工夫をしてパターンを起こしています。

また、フリーサイズや、MサイズとLサイズのどちらか、というサイズ展開では、合わない人がでてきます。なので、例えば立ち衿半天ですと、サイズ展開は15サイズ用意しました。

15サイズ展開

とくに、ドドーンだけの展開「細」「広」があります。同じMサイズでも、身幅が細い「細M」、身幅が広い「広M」といった、身長だけではなく、身幅を重要視したサイズをつくっています。

太鼓をされていると上半身に厚みのある方が多いため、身長で選ぶ着丈基準のサイズでは上着がキツいことがあります。でも一つ上のサイズにすると、着丈が長い。これはかっこよくありません。そこで、同じ着丈で身幅を広くした「広」を用意しました。(ちなみに、ここだけの話、お腹が気になる中年の方にも細見え効果ありです♪)

また、スリムな女性はその細さをより強調できるとかっこいいです。
なので、「細」というサイズをつくっています。

細身にみえるライン+自分にぴったりのサイズを選べる15サイズ展開

見られることを意識した衣装。気持ちもグンと上がります。

それは良い演奏につながると、信じています。

 

店長 横山

【衣装紹介】萌さん:厚めの生地でカッチリと仕上げた衣装

萌(もえ)さんの衣装をご紹介します。

========

チーム名:萌(もえ)
地域:京都府
アイテム:袖なし半天+すそ絞りパンツ脚絆付き+結び帯
制作日数:デザイン決定後から約2カ月

========

 

「秋の文化祭発表会に向けて新衣装をつくりたい」とお問い合わせいただきました。
頂いたデザインを元に、「袖なし半天」と「裾しぼりパンツ」「結び帯」をお作りしました。

袖なし半天は、厚手の生地を希望していたので
中肉でカッチリとした印象のしんブッチャー生地で制作しました。
背中の白色のチーム名も映えてかっこいいですね。
パンツは、裾しぼりパンツとたっつけ袴風パンツで悩まれていたのですが
子供中心のチームさんという事で着脱が簡単な裾しぼりパンツをオススメ致しました。
女子は弊社で作った結び帯締めています。赤色がアクセントになっていいですね^^
男子はお客様お持ちの帯をしめて。男子の帯も衣装にあっていてカッコイイです♪

 

 

萌さんから嬉しいメールも届きました♪

==============

皆、大喜びで演奏出来ました♡
もっと写真を撮りたかったのですが、間がなく、とりあえずの写真を送らせてもらいます。
それから、是非、今回の衣装を紹介してください*\(^o^)/*
本当にありがとうございました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

==============

衣装をピシッと着ている姿がカッコイイです✨
帯だけ変えるだけでも、印象が変わりますよね~

 

以前、綿の衣装を使っていたチームさんなどは、厚めでカッチリした生地希望の方が多いです。
綿になるとアイロンがけなどのお手入れが大変なんですね。
お子さんのチームさんですと、お母さんの負担をなるべく減らしてあげたい思い、
ポリエステル生地で厚みのあるものをオススメしています。
萌さんのように、使い慣れた厚みで演奏したい!という方でも安心していただけるように、
様々な生地をご提案できますので、お気軽にご相談くださいね^^

 

萌さんありがとうございました!
これからの活躍楽しみにしています^^

 

スタッフ 竹下

 

オーダーについて詳しくはコチラ >>>

メールでのお問い合わせはコチラ >>>

オーダー専用カタログの請求はコチラ>>>

年末年始休業のお知らせ

誠に勝手ながら、弊社は以下のとおり年末年始休業とさせていただきます。
期間中はご不便をおかけいたしますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

休業期間:
2018年12月30日(日)~2019年1月4日(金)まで

なお、FAXやメールでのご質問・お問い合わせは24時間受け付けております。
休業期間中のご質問・お問い合わせにつきましては、1月7日(月)より順次対応させて頂きます。

ドドーン スタッフ一同

【店長ブログ】次の世代につなげる衣装

先日のブログで、天馬さんが言われた言葉。

『伝統ある日本の文化と言うと少し大げさかもしれませんが、私たちが伝えられたように、次の世代にも和太鼓の楽しさを伝えられたらと思っています。』

その言葉から、あるチームの方にお聞きした話を思い出しました。

その方は、子供のときに地元の太鼓演奏をみて、とてもカッコイイと思われたそうです。でも、友達から「太鼓をやるなんてダサい」っていわれそうで、なかなかやりたいと言い出せなかったそうです。

その話を聞いて、なんてこと…とショックを受けました。私は、言い出せない少年の姿を想像して悔しくなってしまいました。

太鼓を打つってカッコいい、打ってみたらおもしろい、そんなきっかけのひとつに、あの衣装かっこいい、あの衣装を着て僕もステージに立ちたい、と思ってもらえたらいいなあ。

そして、太鼓っていいなあと思う子供たちや、再認識する大人が増えるといいなあ。

そのためにも、奏者が輝ける衣装をつくりたい新しいスタイルの衣装にもチャレンジしたい。そして、太鼓文化の継承に、少しでもお役に立ちたいと思っています。

 

店長 横山

プリントでおしゃれなボトムに大変身!

「パンツは、無難に黒や白の無地にしよう」と決めちゃいがちですよね~
私もパンツは、黒など合わせやすい色でそろえちゃうことが多いです。
ですが、そのパンツもう少しおしゃれにしてみませんか^^

 

チーム名やロゴマークをプリントするだけで、おしゃれなパンツに大変身!
今回は、人気のすそ絞りパンツにプリントを入れたチームさんをご紹介しちゃいます♪

 

【味浜(あじはま)太鼓保存会 さん】

パンツの脇にチーム名の「味浜」をプリントしました。
白色で大きなプリントは目をひき、ハッピにも負けない主役級のパンツです。

 

 

【石見銀山(いわみぎんざん)天領太鼓 さん】

白色のパンツに銀色で龍のロゴをプリントしました。
動きやライトが当たったときにはじめて気づくさりげなく入ったロゴがカッコいいですね✨

 

 

パンツにプリントが入る場合、オーダーでのご対応となります。
ロゴやチーム名などもご希望をお伺いしてご提案することもできます。
お気軽にご相談くださいね(^_-)-☆

※柄によっては脇にプリントできない場合もございます。ご了承ください。

 

スタッフ 竹下

 

オーダーについて詳しくはコチラ >>>

メールでのお問い合わせはコチラ >>>

オーダー専用カタログの請求はコチラ>>>

【店長ブログ】スタイルブック新春号を発行します

いま、年末に発行するスタイルブック新春号(仮)の編集作業に入っています。

スタイルブックでは新しいデザインの太鼓衣装やコーディネートを提案しているほか、「ドドーンの絆」というページで、衣装をつくられたチームのご紹介をしています。

新春号では、2008年からドドーンで衣装を作られている「天馬」さんをご紹介します。取材で、太鼓の楽しさ、魅力についてお聞きしたところ、とても印象に残るお答えがありました。

ネタバレになってしまいますが、先にその一部をご紹介しますと…

『和太鼓の音は、母親のお腹の中にいた時の心臓の音に似ているそうです。なので日本の方だけでなく、外国の方にも親しまれている音だそうです。

和太鼓の音は、無限大です。工夫次第でどんな音楽にも変化します。とても奥深い楽器なのです。伝統ある日本の文化と言うと少し大げさかもしれませんが、私たちが伝えられたように、次の世代にも和太鼓の楽しさを伝えられたらと思っています。』

太鼓文化が長く受け継がれてきた背景には、今も昔も、奏者のこうした想いがあるのだろうな、と思います。

他にも、チームの活動や太鼓を続けてきた理由などをお聞きしました。
見ても読んでも面白いスタイルブック。
カタログ請求からお申込みください。無料でお届けします。

※新春号を発行次第、順次お送りします。(写真は前号です)

▼前号の紹介ブログ
https://www.taiko-costumes.jp/blog/2018/03/31/stylebook/