【ドドーンの絆】福井の太鼓を継承し、昔とこれからの和太鼓を伝える「和太鼓 天馬」さん

『ドドーンの絆』では、二人三脚でオーダー衣装をお作りしてきた、お客様と私たちとのエピソードをご紹介しています。

 

今回は、ドドーン人気商品立ち衿半天の生みの親「和太鼓 天馬」さんをご紹介します。

福井県で活動している太鼓チームの和太鼓天馬

 

天馬さんが初めてドドーンに来店されたのは、チーム結成された2008年。
「新しいスタイルの太鼓衣装を作りたい」と手書きのイラストをお持ちいただきました。
それをもとに、ドドーンにある衣装サンプルを見ながら、衿の高さ、ファスナーの長さ、生地の種類や色など、細かく打ち合わせを重ね、まさに“一緒に作り上げていく”という過程は、本当に楽しい時間でした!

 

実は、ドドーンで人気の高い「立ち衿半天」は、この時の天馬さんの衣装がベースとなっています。あまりに他のチームさんからのご要望が多いので、同じ型を使わせていただきたいとお願いしたところ、「他の方も気に入ってくださるなら嬉しいです!」とのお声をいただき、衣装も含め、太鼓の文化を広めていかれるという懐の深さを感じました。

 

今回取材でも、太鼓の楽しさや魅力についてお尋ねしたところ
「和太鼓の音は無限大です。工夫次第でどんな音楽にも変化します。とても奥深い楽器なのです。伝統ある日本文化というと少し大げさかもしれませんが、私たちが伝えられるように、次世代にも和太鼓の楽しさを伝えられたらと思っています。」と、熱い想いを聞かせてくださいました。

そんな、天馬さんたちを私たちも応援していきたいと思います。

 

そんな和太鼓天馬さんの活動はFacebookで>>

是非チェックしてみてくださいね!

 

和太鼓 天馬さん

2008年結成。東大味町を拠点とした、伝統と創作を兼ね備えた和太鼓集団。メンバーそれぞれ幼少の頃より、別々の地で和太鼓を学んだため、伝統・創作の両方が組み込まれた極めて珍しいスタイルを実現。世代を超えて、誰もが楽しめる独自の舞台を作っている。

【ドドーンの絆】その日その場でしか味わえない、唯一無二に躍動「和太鼓 鼓太郎」さん

『ドドーンの絆』では、二人三脚でオーダー衣装をお作りしてきた、お客様と私たちとのエピソードをご紹介しています。

 

今回は、ドドーンの公式サイトでモデルをつとめてくださった「和太鼓 鼓太郎」さんをご紹介します。

和太鼓鼓太郎
打ち手が即興で自分だけのバチ捌きや間を使い自分自身を表現する『三ツ打ち打法』に魅了され、
初代メンバー4人で、地元の「清水鼓友会」に入会しました。
そして、平成11年に「和太鼓 鼓太郎」を結成。
第1回福井和太鼓選手権にて優勝。
同じ曲でも、演奏するたびに新たな即興を織り交ぜ、
一瞬一瞬、今でしか表現できない演奏を心がけ、
海外でのコラボ演奏にも招待された方もいらっしゃいます。

和太鼓鼓太郎法被

福井らしさに誇りを持ちながら、メンバー一人一人の個性が光り
グループとしても独特な間や空気感を表現できるよう
日々楽しみながら演奏、稽古されています。

 

鼓太郎さんありがとうございます♪
今後の活躍がますます楽しみです^^

そんな鼓太郎さんの活動はFacebookで>>
是非チェックしてみてくださいね!

 

【ドドーンの絆】結成当初からともに歩き続けてきた「川上村響会 龍幻」さん

『ドドーンの絆』では、二人三脚でオーダー衣装をお作りしてきた、お客様と私たちとのエピソードをご紹介しています。

 

今回は、結成当初からドドーンでオーダー衣装をお作りいただいている「川上村響会 龍幻」さんをご紹介します。

龍幻さんは、2008年2月に太鼓保存会「川上村響会 龍幻」でチーム結成され、奈良県川上村を拠点に活動されている和太鼓チームです。

初めてお問い合わせをいただいたのは2008年10月初旬。「初の舞台でお披露目する衣装を作りたいと考えているのですが、時間がなく。けれどHPに載っていた衣装がとっても素敵でイメージに合っていたのでダメもとで相談のメッセージを送りました。まずは、オーダーのカタログをお願いします。」とメッセージをいただきました。

※2008年当時、オリジナル太鼓衣装ドドーンはオープンしておりませんでしたので、姉妹店オーダーよさこい屋に相談いただきました。

初回の衣装は立ち衿半天を製作。
その後も、水龍がデザインされたフルカラーのハッピを作り、メンバーが増えるたびに追加をいただき、長年ご愛用いただきました。

2016年には新作の衣装を1年かけて一緒に作り上げました。
デザインは「袖なし半天」をアレンジしたもので、背中の水墨画で描かれた龍をスクリーンプリントしました。

龍幻さんよりいただいた写真では、メンバーさん一人一人の衣装の背景が違うことに気づき、驚きました。
衣装のカッコよさがあまりにも気になり、龍幻さんにお聴きしてみると…

龍幻 Kさん:「よく気付きましたね。水墨画のにじみをどうしても表現したかったので、何工程も入れて仕上げました。」

スタッフ:「どうやって仕上げたんですか?」

龍幻 Kさん:「昔からお世話になっている水墨画家の先生に、布にかける墨で一人一人書いていただきました。」

これぞまさに1点ものですね!

 

当時、入社したばかりの私は、お客様のご要望をお聞きして形にするだけでも精いっぱいで、試行錯誤の毎日でした。
その中で、龍幻さんとの出会いは、わたし自身一緒に学び大きくなれた10年間でした。

龍幻さんからも、
「結成当初からの長い付き合い。いつも納期に間に合わせようと必死になってくれて嬉しかったです。だからこれからもビシビシ言ってください。」
と嬉しい言葉をいただきました。

「この口が、ビシビシ…言ってすみません(笑)」なんて話をしながら、次の衣装の相談もいただきました。
時には私たちも、ご希望の納期に間に合わせるため、お客様のお尻を叩いたり、衣装がよりよくなるためのアドバイスをさせていただくこともあるので、ビシビシ(?)お伝えするときもあります(笑)

龍幻さんありがとうございます。
次の衣装づくりも一緒に楽しみましょうね♪

 

ドドーンでは、
「これをプラスしたほうがカッコいいですよ」
「プリントならこの位置が全体のバランスがよくなります」
「これを表現したいなら、この色合いの方がイメージにあいますよ」
など、衣装がよりよくなるようアドバイスさせていただきます。
皆様の衣装づくりを全力でサポートさせていただきますので、一緒に素敵な衣装を作りましょう!

 

龍幻さんの活動はコチラから確認できますので是非ご覧ください。

和太鼓 龍幻さんのFacebookはコチラ >>>

和太鼓 龍幻さんのアメブロはコチラ >>>