令和柄/衣装の形について

雨音をBGMにブログをかきかき( -ω-)φ
意外と雨の日好きなスタッフ石田です。

9月もはじまり、新元号“令和”にもやっと慣れてきましたね。
ドドーンの令和柄衣装、もう見て頂けましたでしょうか?

令和衣装を作るきっかけ

令和柄の衣装を作るきっかけは、
「ドドーンでも令和柄の衣装作れば?」というスタッフの一声。
楽しそうなので、乗っかることにしました♪

そして…できたのがこちら‼

衣装のポイント

新時代の幕開けという事もあり、
ちょっと洋装よりの袖なしフレア半天をベースにしました。

腰下をフレアスカートのように仕上げた半天で、
体の動きに合わせてキレイな弧を描く裾に気分も上がる一着です!

ウエストはマジックテープとゴムなので、自分のウエストにぴったりフィット。
子どもさん1人でもラクに脱ぎ着できますよ。
後ろ姿もギャザーですっきり絞って、気映えバッチリです!

次回は、こだわりの[柄]についてご紹介します!

————————————————————————————————–
令和柄衣装はドドーンの『スタイルブックvol.3』にも掲載しております♪
オーダー専用カタログの請求はコチラ>>>
オンラインストアでも販売しています。

【期間限定】祝いの席にぴったりな縁起物の衣装ができました♪

「お祝いの席での演奏にぴったりの衣装はないかな」
「年初め、縁起のいい華やかな衣装を着たいなぁ」。
でも、一から柄やデザインは考えられないし、時間もない。

そんなチームさんにぴったりの柄物衣装をドドーンがご用意しました。
その名も「祝(いわい)」!!

ベースとなる衣装はドドーンおすすめの[立ち衿半天]。
黒×えんじの身頃に衿や袖フチの金が映える、豪華な衣装です!!

もちろん柄や生地も祝の名にふさわしいものを厳選していますよ^^

まずは柄。
松竹梅はめでたい柄として有名ですね。松は健康・長寿、竹は成長、梅は清廉潔白などの意味があり、3つそろった松竹梅は縁起が良いと言われるそうです。

また、雲は手が届かないところから、神秘的なものという意味合いがあり、雨を呼ぶことから実りと豊穣を表し、良いことを呼び寄せ、運気上昇の願いが込められているそうです。

つづいて生地。
身頃の生地は表面に不規則な節を表現した生地です。上品な光沢があり、シックな色合いでも舞台に映えます。

衿や袖フチには紗綾型(さやがた)の地模様生地を使用しました。地模様生地は生地を織る時に凹凸で模様に見える加工をした生地で、通常の生地より華やかさがあります。ちなみに紗綾型模様は、卍(まんじ)の形をくずして組み合わせた文様で繁栄や長寿を表す、おめでたい柄なんです。

かっちりした衣装がお好みでしたら、
袴風パンツと合わせるのもオススメです。

これからの季節ですと新年の行事はもちろん、
結婚式や記念公演などのおめでたい席にも活躍すること間違いなしです!!
このインスタ映えならぬ「舞台映え」衣装は、2月までの限定デザイン。
Amazonと本サイトからご注文可能です。

お急ぎの方はAmazonがオススメです。
Amazonページはコチラ>>>

サイズ展開がある方・色を替えたい方・チーム名を入れたい方などは、
本サイトの方からお問合せください。
オリジナル太鼓衣装ドドーンサイトはコチラ>>>

 

たくさんの太鼓奏者さんと一緒に衣装作りをしてきたドドーンだからこそ、見栄えだけでなく、動きやすさやシルエットにもこだわりました。今後も、新柄を追加していく予定ですので、ブログやインスタをチェックしてみてくださいね!

ドドーンブログはコチラ>>>
インスタはコチラ>>>