衣装のサンプルは貸してもらえますか?

最近、じめじめしていて髪型が決まらないスタッフの竹下です。

早く梅雨あけないかな~(´Д`)

 

 

今日は、お客様からよく聞かれるご質問にお答えしますね

===========

衣装のサンプルは貸してもらえますか?

===========

 

もちろんお貸出し可能です^^b

 

 

オーダー衣装をご注文のお客様に、打ち合わせ中にサンプルをお貸出しします。

貸し出し費用は、初期費用に含まれております^^

実際に試着して自分に合ったサイズを確認したり、

着用したまま打ってみて動きやすさを実感していただくことが可能です。

 

 

打ち合わせ前に「どうしても貸してほしい!」という方も

有料(5,400円)にてお貸出し可能です。

お気軽にご相談くださいね^^

 

 

サンプルについてのお問い合わせはコチラから>>>

 

 

スタッフ 竹下

衣装を作りたい!カタログ請求した後はどうすればいいの?

夏も近づきお祭りシーズンですね♪
竹下もお祭り好きなのでワクワクしてきちゃいます。

 

さて、今回はドドーンのお問い合わせの中からご質問の多い
「カタログ請求した後の流れ」をご紹介します^^
カタログ請求した後に、皆さんにしていただきたいことは3つあります。

 1. 衣装イメージを膨らませましょう!

まずは、作りたい衣装イメージを考えてみましょう。
チームカラーで色を決めたり、
地域を元気にしたいという思いから太鼓を打っているチームさんも多いと思うので、
地域のものを取り入れてみるのもいいですね!

それでも、「思い浮かばない💦」という方は、
衣装ギャラリーからお好きな衣装を探して考えてみるというのもOKですb

 

イメージが固まったら、カタログ同梱のお見積り依頼書に描きこんでみましょう
詳しくは【衣装制作】衣装作りの第一歩!衣装イメージを描いてみようのブログにてご紹介しています

「どうしても描けない~」という方も、お気軽にご相談くださいね(*^^*)
思いをお伺いしながら、一緒に衣装のイメージを固めていきましょう!

2.  衣装イメージをドドーンまでお知らせください

衣装イメージをもとに、ドドーンが無料でお見積りいたします。

 

メールから送る場合はコチラから>>

LINEで送る場合はコチラから>>

3.    見積内容をご確認いただき、お申込み

お見積りをご確認の上、ドドーンまで制作希望とお知らせ下さい。

 

 

その後、初期費用などをお支払いいただき打ち合わせがスタートになります。
打ち合わせ後の流れは、また次回のブログにてご紹介しますね(^_-)-☆

 

夏は好きだけど、日焼けしないよう必死になる竹下でした~^^

 

スタッフ 竹下

 

オーダーで使える生地はどのようなものがありますか?

お客様よりいただいたご質問です。

===========
オーダーで生地の変更はできますか?
どの様な生地が選べるのかバリエーションが知りたいです。
===========

ドドーンではカタログをご請求いただいた方に、無料で生地サンプルをお入れしています。

小さな生地を貼り付けたものが生地サンプルです。
ドドーンが太鼓衣装に適したおススメの生地を選んであります。

生地の厚みや光沢は、実際に触ってみないとなかなかわからないもの。
やはり本物をみたいですよね。

また、

・前身頃の片側に和柄を使いたい
・衿に地模様のある生地を使いたい
・帯に金蘭(きんらん)生地を使いたい

といったご要望も多いので、それらのサンプルも貼り付けてあります。

カットした生地の横にはQRコードが付いていて、こちらをかざすと他の柄生地を見ることができます。

無地は人気の色を中心に選んでありますが、他の色もたくさんあります。

希望のお色はデザイン画を作成するときにスタッフにお知らせください。

生地サンプルは無料です。(ちなみにスタッフの手作りです♪)
カタログ請求をしていただければ、一緒にお入れしています。

どうぞお気軽に、お申し込みくださいね。

店長 横山

立ち衿半天はオーダーで衿の高さが変えられます

ドドーンの人気アイテム「立ち衿半天」。
立った衿が特徴で、羽織るだけでかっこよく決まります。

この衿の高さを変えられるってご存知ですか?

カートで買える立ち衿半天は定番サイズで、衿の高さは 6 cmです。


オーダーですと、この高さを変えることができます。
これまで一番高くされた方はなんと11cm、低い方で3cmでした。

定番の6cmを基準に、やや高めが良い場合は7.5cmがおすすめです。
ちょっと低めで5cm、4cm、というチームさんもいらっしゃいました。

女性ですと、ファンデーションがつかない高さがいい、というお声(その場合は定番の6cmがおすすめです)もあります。

高くなるほど演奏しにくい、という面もあります。
みなさんのお好みの高さで、かっこよく決まる1着をおつくりください。

※実際の衣装を着用して考えたい、という場合は、衣装の貸し出しもしております。

往復の送料、クリーニング代を実費でお願いしています。一式5,000円(税別)になります。
実際にドドーンでおつくり頂くことが決まりましたら、衣装制作代から引かせていただきますので、その場合は実質無料になります。

貸し出し期間は1週間です。

ご希望のアイテム、サイズなどをお聞きして、サンプル衣装をご用意します。
ドドーンの衣装オーダーを検討されていて、サンプルを見たいという方は、お問い合わせフォームまたはお電話、ラインなどでご相談ください。


店長 横山

追加で衣装をお願いしたいのですが、注文の仕方を教えてもらえますか?

追加の注文はとっても簡単です。

以下のいずれかの方法で、
①チーム名 ②追加したいアイテム ③サイズ数量 ④ご使用日
をお送りください。
—————————————
メール  info@taiko-costumes.jp
FAX  0776-36-6750
LINE  ID  @utb7198e
TEL  0776-36-6720
—————————————

最近増えているのが、LINEでのご注文です。
グループでデザイン画や請求書を共有するにも便利ですよね。

ぜひご活用ください。

店長 横山

随分前に注文した衣装ですが、今でも追加注文ができますか?

ドドーンで衣装をお作りしたことのあるチームさんから、

「今でもデータは残っていますか?」
「2012年に作ってもらいましたが、今でも追加注文はできますか?」

と、時間がたっているけど、同じ衣装ができますか?というご質問をよく頂きます。

最後にご注文いただいてから(追加注文をして入ればその注文から)5年間は、全てのやりとりを含めた資料。デザイン画、版下データなどを紙、データ共に保管しております。

シルクスクリーン印刷で使う版は、1年間保管しています(前の記事参照)。

また、2012年のように、5年以上前のご注文の場合、一部保管されている場合もありますし、たとえデータなどがなくても、衣装そのものをお送りいいただければ内容の確認ができますので、同じものをお作りすることができます。

和柄生地を使われている場合、メーカーの廃盤になっている場合がありますので、その際は代替柄をご提案します。

衣装の担当者が変わって、手元に資料がない、という場合でも、どうぞ安心してご連絡くださいませ。

店長 横山

追加オーダーの衣装が出来上がるまでの期間はどれくらいですか?

 

前回おつくりいただいた衣装を、追加でご注文いただく場合の制作期間は、1ヶ月半〜2ヶ月です

それまでつくられていないサイズを追加注文される場合は、パターン(型紙)の作成や、プリントデータ作成(フルカラーの場合)が必要になりますので、多めにみてください。

年度末や、夏祭りシーズンは混み合います。

本番の演奏予定があるチームさんでお急ぎの場合は、その日にちも合わせてスタッフにお知らせください。

店長 横山

衣装の追加オーダーは何着からできますか?

お客様のご質問で最も多いのは、追加オーダーについてです。

「何着から追加オーダーできますか?」
「出来上がるまでの期間はどれくらいですか?」
「前の資料が残っていますか?」
「どうやって追加の注文をしたら良いですか?」
「価格はおいくらですか?」

ブログでも一つ一つ、お答えして行きますね。

まず今回は、「何着から追加オーダーできますか?」というご質問について。

お答えは「1着からオーダーできます」

衣装を余分に作っておかなくても、新しいメンバーさんが入ったときにその方のサイズでご注文いただけます。

もし、前回作った衣装のサイズ以外のサイズが欲しい場合、新たにお作りすることができます。

例えば、初回オーダーの時は、S、M、Lサイズしか作っていない。
新しいメンバーさんが、とても体の大きい人で、3Lが必要。
あるいは、子供のメンバーがはいったから、130cmサイズが欲しい。

このような場合も、同じデザインでサイズ違いをおつくりできます。

店長 横山

衣装制作が終わったあと追加注文するのに、版はどれくらい保管してもらえますか?

ドドーンで衣装にロゴや柄をプリントするときは、版を使って1色ずつ刷るシルクスクリーン印刷か、柄データを作ってフルカラーでプリントする昇華転写が多いです。

今回はシルクスクリーン印刷の「版」の保管について、お客様からご質問をいただきましたので、ブログでもご説明します。

シルクスクリーンの版は、このようなもの(↓)です。

着ているTシャツの胸に「横山工藝」とプリントされています。手に持っているのはプリントする時に使った版です。

版の中央に「横山工藝」のロゴが透けて見えています。この版をTシャツの上に置き、インクを置き、スキージと呼ばれるヘラで刷っていきます。

と、文字で書くとなんのことやら。

先日ある展示会に弊社が出展した際の「シルクスクリーン印刷体験」をごらんください。(一般の方が体験している動画です)


体験版なので、小さな版でコルクのコースターにプリントしています。
衣装は裁断した生地が大きく、プリントする柄も大きいため、大きな版を使用します。

このように(↓)職人がプリントしていきます。
スキージも大きいですね。
この写真は、半天の袖にプリントしているところです。

こうして皆様の衣装に使用した版は、弊社で1年間保管しています。

これらはほんの一部ですが…

シルクスクリーンプリントを使っているお衣装の追加注文を頂いた時は、こちらから版を探し出してプリントします。

そして、保管期限は追加注文からさらに1年と伸びますので「こないだ追加で作ったところなのに保管期限が切れちゃった」ということはありません。

また版は、湿度、温度など、私たちの元で管理しておりますが、使用頻度が多かったり、何年もたつと劣化してきます。

2、3年は問題ありませんが「そろそろ版が壊れそうだな」という時にはお知らせして、再版します。

初回の版代は、1版8,500円(税別)です。1年間の保管料を含みます。
再版は1版6,500円(税別)です。再版したものも、1年間保管します。
保管期限がすぎて同じ柄の版を作る場合も、再版代でお作りします。

※写真に写っているものはほとんど8,500円の版ですが、柄サイズが縦60cmを超えるものは9,500円〜(税別)となります。

ということで、説明が長くなりましたが、「版の保管期限は?」に対する答えは「1年間」です。

店長 横山  ※ちなみに、版を持っている写真の人物は私ではありません。夫です。

予算●千円(1万円未満)でチームハッピが作れますか?

予算について悩まれているチームさん、特にジュニアチームさんに多いのですが、1着数千円の予算でチームのハッピができないかと相談される時があります。

そんな時にご提案するのが、既製品の無地ハッピにプリントをする方法です。

こちらでも十分、チームオリジナルのハッピになります。

 

 

シルクスクリーンでプリントしますので、版代がかかりますが、人数で割りますので数量が多いほど1着あたりの価格はお安くなります。

また、予算に合わせて、プリントする場所を増やしたり減らしたりしてご提案します。

例えば、写真のハッピは背中に赤と白の2色でプリントしていますが、予算オーバーの場合は白だけの1色にするとか、襟だけプリントする、といった方法です。

 

ドドーンの衣装価格をみて無理だーと思われていた衣装担当者さん。
こうした方法もありますので、お気軽にご相談くださいませ。

 

店長 横山