太鼓=巴紋のナゾ?

首を寝違えて辛い、スタッフ石田です。
1年に1回くらい寝違えてます…(;´・ω・)

さて、みなさま“巴柄”ってご存知でしょうか?
おたまじゃくしが3匹集まったような、↓の柄です。

巴=太鼓のイメージがありますよね。
当店の衣装にもよく使っています。

なぜ、巴=太鼓のイメージがついたのでしょうか?
気になって調べてみました!

【巴の由来】—————————————————

1.“弓を射る時に使う鞆(とも)という道具を視覚化したという説”や“勾玉を図案化した説”があるが定かではない。

2.巴紋が水が渦を巻いている様子に見えるところから、火災予防のおまじないとして、民家の屋根瓦などに用いられる。

3.後に武神である八幡神の神文として使われるようになり、他の神社にも広がっていった。武神にあやかりたい武士にも浸透。

4.神社で使われている紋なので、神社に関わるもの(お守りや神事で使う太鼓など)に多く使われるようになった。

———————————————————————–

こうして、太鼓=巴のイメージが根づいていったのですね。
巴紋は神聖な太鼓にピッタリな柄です。

ちなみに左回りと右回りのどちらが正式なのかという議論もありますが、
明確に決まっていないそう…。

当店でよく使っているのが“三つ巴”というタイプですが、
他にも二つ巴や尾長三つ巴など色々あります。
個性豊かですよね♪

模様の由来を調べてみると面白いですね。
みなさんも巴紋で、かっこよく決めましょう!

巴を使った衣装事例はコチラ>>>

スタッフ石田

[シルクスクリーン]と[フルカラー]プリントの違い!

最近、1月にしてはあったかくて、
このまま続いてほしい石田です(/・ω・)/

さて、今回は“プリント”についてご紹介します!

プリントと一口にいっても、実は様々なプリント方法があるんですが…
ドドーンで主に使っているプリント手法は“シルクスクリーン”と“フルカラー”の2種類。
この2つのプリント方法の、特徴などをご紹介します!

部分プリント:シルクスクリーンプリントとは…

シルクスクリーン版という、柄の部分に穴の開いた版を使用し、
インクを通してプリントする技法です。

 

▼衣装事例

〇長所
・いろいろな生地にプリントができる
・金銀が使える
・長持ちする
・コストをおさえられる
・家庭用洗濯機で洗える

〇短所
・大きいプリントが難しい
・色数が多いプリントは難しい(1~3色まで)
・1ヶ所/1色ごとに版が必要になる※1

〇その他
・制作した版は1年間保管(保管期間を過ぎての追加は、別途再版代がかかります。)

※1…1ヶ所/1色ごとに版が必要になる
例えば、下の衣装イメージだと、各部分1枚と背中2枚で計5枚の版が必要になります。

全面プリント:フルカラープリントとは…


型紙に合わせた柄のデータを作成し、白い布地に柄をプリントする技法です。
正式名称は昇華転写といい、一度紙に出力し、熱で布に転写していきます。

▼衣装事例

〇長所
・全面プリントできる
・多色使用ができる
・グラデーションができる
・細かいデザインも再現できる
・家庭用洗濯機で洗える

〇短所
・ポリエステル生地しかプリントできない
・金銀が使えない※2
・糸が抜けると白い線になる※3

〇その他
・制作したデータは5年間保管

※2…金銀が使えない
金銀のインクがないので、金→黄土色、銀→灰色での表現になります。
サテンなどの光沢生地にプリントすると、より金銀に見えます。

※3…糸が抜けると白い線になる
フルカラーは染めているわけではないので、インクのった面の糸が抜けてしまうと、
その部分が白い線になってしまいます。特にサテン生地などは、引っかかりやすく、注意が必要です。
糸抜けによる、白い線はお直しができません。

“シルクスクリーン”と“フルカラー”はどちらを選べばいいの?

シルクスクリーンとフルカラーの違いを説明しましたが、
どちらにも長所と短所があり、正直、どちらを選んだらいいのでしょうか?

衣装のイメージイラストなどを送って頂けましたら、
スタッフが判断させていただきますので、
まずは作りたいイメージ優先で大丈夫です♪

その他、ご不明な点などあれば、
お気軽にスタッフまでお知らせくださいね。

スタッフ 石田

プリントでおしゃれなボトムに大変身!

「パンツは、無難に黒や白の無地にしよう」と決めちゃいがちですよね~
私もパンツは、黒など合わせやすい色でそろえちゃうことが多いです。
ですが、そのパンツもう少しおしゃれにしてみませんか^^

 

チーム名やロゴマークをプリントするだけで、おしゃれなパンツに大変身!
今回は、人気のすそ絞りパンツにプリントを入れたチームさんをご紹介しちゃいます♪

 

【味浜(あじはま)太鼓保存会 さん】

パンツの脇にチーム名の「味浜」をプリントしました。
白色で大きなプリントは目をひき、ハッピにも負けない主役級のパンツです。

 

 

【石見銀山(いわみぎんざん)天領太鼓 さん】

白色のパンツに銀色で龍のロゴをプリントしました。
動きやライトが当たったときにはじめて気づくさりげなく入ったロゴがカッコいいですね✨

 

 

パンツにプリントが入る場合、オーダーでのご対応となります。
ロゴやチーム名などもご希望をお伺いしてご提案することもできます。
お気軽にご相談くださいね(^_-)-☆

※柄によっては脇にプリントできない場合もございます。ご了承ください。

 

スタッフ 竹下

 

オーダーについて詳しくはコチラ >>>

メールでのお問い合わせはコチラ >>>

オーダー専用カタログの請求はコチラ>>>

チーム名を入れたい!オススメの書体をご紹介

 

「チーム名を覚えてほしい。」
「チーム内で連帯感を持ちたい。」
という理由から、チーム名入れたいというご要望が多いです。

また、オリジナリティは出したいけど、柄を入れるにはちょっとハードルが高いなぁ、、と思われているチームさんでも、トライしやすいのが、チーム名を入れることです。

 

「チーム名を入れたいけど、ロゴは持っていない」
「どんな文字を選んだらいいの?」

というチームさんのために、ドドーンでは書体のご提案も行なっています。

力強い筆文字や、線が細くのキレイな行書体までいろいろ取り揃えています。

 

 

●衿の名入れにオススメの書体
行書体や楷書は衿に名入れをする時にオススメの書体です。
幅の狭い衿には線の細いキレイな書体でプリントすると、スッキリバランスよく見えます。

書体のおすすめは下記をご参考になさってくださいね↓↓↓

衿の名入れにオススメの書体

 

【プリント事例1】

太鼓衣装の衿に名入れ

書体1(行書体)で衿に名入れをしました。
サイズが違っても衣装のイメージが同じに見えるように、位置は調整してプリントしています。
※データ制作作業には別途アートワーク料がかかります。

 

●背中や胸にチーム名を入れるときにオススメの書体
背中や胸にチーム名を入れる場合は、目を引く力強い筆文字がオススメです。
もちろん既にチームロゴをお持ちの方もプリント可能です。

書体のおすすめは下記をご参考になさってくださいね↓↓↓

背中や胸にチーム名を入れるときにオススメの書体

 

【プリント事例2】MABUI太鼓さん

MABUI太鼓さんは、書体5でチーム名入れました。
一文字一文字大きさを変えてデザイン的にレイアウトしました。
※データ制作作業には別途アートワーク料がかかります。

 

「チーム名を入れたいが、いい感じにいれてほしい」
「チーム名と柄をうまく組み合わせて、かっこよくしてほしい」

というお声をよくいただきます。
もちろん、レイアウトは私たちにお任せください!
みなさんの「かっこいい」を形にできるよう、ご提案させていただきます^^

そのほかのチーム名を入れている衣装は「衣装ギャラリー」で紹介しています。
是非ご覧ください。

衣装ギャラリーはコチラから>>

 

スタッフ 竹下

 

【プリント柄紹介】勢いのある渦柄シリーズ

オーダー衣装の場合は、衣装にプリントをされるチームさんがたくさんいらっしゃいます。
「オリジナル衣装は作りたいけど、柄のデザインはできないよー」「どんなのを選んだらいいの?」というチームさんのために、ドドーンではプリント柄のご提案も行なっています。

今回は、勢いのある渦柄をご紹介します。

渦柄のポイントは、観客の目を引きインパクトを与えることができること!

幾何学的な渦模様は、衣装に動きが出て、観ている方の目を引きます。
また、おなじ渦でも風や水流・炎・雷雨など、見る人によってさまざまな表情を見せるのが特徴的です。
色合いを変えるだけでもガラリと雰囲気が変わりますよ。

ドドーンではチーム名と組み合わせて使われることが多く、「チーム名を覚えてもらいたい」という時に背景として使うのも効果的です。

いろいろな表現ができる渦柄のおすすめは下記をご参考になさってくださいね↓↓↓

柄を見ただけではイメージ出来ないよーという方もご安心ください^^
実際に渦柄を使ったチームさんの衣装をご紹介します。

 

【プリント事例1】近江和太鼓団「巴(うずまき)」~UZUMAKI~さま

近江和太鼓団「巴」(うずまき)さまは、渦柄とチーム名を組み合わせています。
通常は同系色やシルバー系を選びがちですが、舞台に立つときにインパクトを出すために渦柄は赤色でプリントしました。
チーム名は渦が始まる部分に配置するとバランスが良いです。
※データ制作作業には別途アートワーク料がかかります。

 

【プリント事例2】中川町郷土芸能 誉平(ぽんぴら)太鼓保存会さん

中川町郷土芸能 誉平(ぽんぴら)太鼓保存会さんは、渦柄とチーム名を組み合わせています。
小さめのプリントでも目を引くように、右肩のアクセントとなるようにプリントしました。
※データ制作作業には別途アートワーク料がかかります。

 

「この渦柄を使いたいので、あとはいい感じにお願いします!」
「チーム名と柄をうまく組み合わせて、かっこよくしてほしい」

というお声をよくいただきます。
もちろん、レイアウトは私たちにお任せください!
みなさんの「かっこいい」を形にできるよう、ご提案させていただきます^^

 

そのほかの渦柄は「衣装ギャラリー」で紹介しています。
是非ご覧ください。

衣装ギャラリーはコチラから>>

 

スタッフ 竹下

 

【プリント柄紹介】その他のプリント柄シリーズ

オーダー衣装の場合は、衣装にプリントをされるチームさんがたくさんいらっしゃいます。
「オリジナル衣装は作りたいけど、柄のデザインはできないよー」「どんなのを選んだらいいの?」というチームさんのために、ドドーンではプリント柄のご提案も行なっています。

また、人気の巴柄・波柄・龍柄のほかにも様々なプリント柄をご用意しています。
「桜じゃなくて藤がいいな」「鳳凰(ほうおう)を使いたい」「家紋をいれてほしい」など、お客様のご要望をお聞きしてからご提案することも可能です。
ご希望の柄が見つからない時はお気軽にご相談くださいね。

その他、取り扱っている柄をご紹介します。ご参考になさってください↓↓↓

 

柄を見ただけではイメージ出来ないよーという方もご安心ください^^
実際に柄を使ったチームさんの衣装をご紹介します。

【プリント事例1】春日(かすが)太鼓さま

佐世保卸団地(させぼおろしだんち)太鼓さまは、背中には紋を、左裾には鯉を配置しています。
鯉のプリントは紋に負けないように大きめでプリントしています。
※データ制作作業には別途アートワーク料がかかります。

 

【プリント事例2】飯原(いいはら)太鼓さん

飯原(いいはら)太鼓さんは、背中には大きくチーム名を。右裾には稲穂を巴柄をプリントしました。
稲穂はチーム名にかからないよう反転させています。稲穂の根元部分がばらけるとバランスが悪くなるので、根元部分はまとまるよう計算してレイアウトし直しています、
※データ制作作業には別途アートワーク料がかかります。

 

「この花柄を使いたいので、あとはいい感じにお願いします!」
「チーム名と柄をうまく組み合わせて、かっこよくしてほしい」

というお声をよくいただきます。
もちろん、レイアウトは私たちにお任せください!
みなさんの「かっこいい」を形にできるよう、ご提案させていただきます^^

 

そのほか柄をプリントした衣装は「衣装ギャラリー」で紹介しています。
是非ご覧ください。

衣装ギャラリーはコチラから>>

 

スタッフ 竹下

 

【プリント柄紹介】一番人気!巴柄シリーズ

オーダー衣装の場合は、衣装にプリントをされるチームさんがたくさんいらっしゃいます。
「オリジナル衣装は作りたいけど、柄のデザインはできないよー」「どんなのを選んだらいいの?」というチームさんのために、ドドーンではプリント柄のご提案も行なっています。

今回は、一番人気の巴柄をご紹介します。

巴柄のポイントは、舞台で一体感を出せること!

巴柄は、太鼓に入ってたり地域の神社の神紋だったりと、太鼓にとって身近な柄です。
プリント柄で迷ったときは、太鼓に敬意をはらって巴柄を取り入れるのもいいかもしれないですね。

巴の巻方向や数の違いについては、対になっている大太鼓の左右を区別するために巴の数と渦巻の方向を別にしたといわれています。ですが、時代によっては右巴が左に変更された家系もあり、左右の違いや数の違いにどれだけの意味があったのかはまだ分からないようです。

巴柄のおすすめは下記をご参考になさってください↓↓↓

 

柄を見ただけではイメージ出来ないよーという方もご安心ください^^
実際に巴柄を使ったチームさんの衣装をご紹介します。

【プリント事例1】佐世保卸団地(させぼおろしだんち)太鼓さま

佐世保卸団地(させぼおろしだんち)太鼓さまは、巴柄とチーム名を組み合わせています。
巴柄は金色、チーム名は白色でプリントしました。
※データ制作作業には別途アートワーク料がかかります。

 

【プリント事例2】陣太鼓OTA(おおた)太鼓さん

陣太鼓OTA(おおた)太鼓さんは、巴柄を紋付きのように左右胸にプリントしました。
紋の大きさは、大きすぎると見栄えが悪くなり、小さすぎても見えにくくなってしまうのでバランスの良い大きさに調整しました。向きも右巻きに変更しています。
※データ制作作業には別途アートワーク料がかかります。

 

「この巴柄を使いたいので、あとはいい感じにお願いします!」
「チーム名と柄をうまく組み合わせて、かっこよくしてほしい」

というお声をよくいただきます。
もちろん、レイアウトは私たちにお任せください!
みなさんの「かっこいい」を形にできるよう、ご提案させていただきます^^

そのほかの巴柄は「衣装ギャラリー」で紹介しています。
是非ご覧ください。

衣装ギャラリーはコチラから>>

 

スタッフ 竹下

 

【プリント柄紹介】美しい桜柄シリーズ

オーダー衣装の場合は、衣装にプリントをされるチームさんがたくさんいらっしゃいます。

「オリジナル衣装は作りたいけど、柄のデザインはできないよー」「どんなのを選んだらいいの?」というチームさんのために、ドドーンではプリント柄のご提案も行なっています。

 

今回は、美しい桜柄をご紹介します。

桜柄のポイントは、舞台をグッと華やかにしてくれること!

桜柄の中でも桜吹雪は、散り際の美しさや風に舞う様を表しているので、衣装に動きが出て、観ている方の目を引きます。華やかさだけではなく、散り際の潔さを表現してみてもいいですね!

また、日本人になじみのある桜は、同じ柄でも花の配置や色合いを変えるだけでも雰囲気が変わり、他のチームさんとの差別化もしやすいです。

そんなアレンジのしやすい桜柄のおすすめは下記をご参考になさってくださいね↓↓↓

 

柄を見ただけではイメージ出来ないよーという方もご安心ください^^

実際に桜柄を使ったチームさんの衣装をご紹介します。

 

【プリント事例1】宮崎県立飯野(いいの)高校さん

 

宮崎県立飯野(いいの)高校さんは、桜柄を右胸に大きくプリントしました。
桜柄は、強弱をつけるためにベタ塗りと線描きを組み合わせました。
※データ制作作業には別途アートワーク料がかかります。

 

 

【プリント事例2】赤井川村カルデラ太鼓保存会さん

赤井川村カルデラ太鼓保存会さんは、お客様にイメージをお伺いして弊社で柄をレイアウトしました。
桜や桜の花びら、水流の位置を計算し、華やかに見えるようにバランスよく配置しています。
※データ制作作業には別途アートワーク料がかかります。

 

 

「この桜柄を使いたいので、あとはいい感じにお願いします!」

「チーム名と柄をうまく組み合わせて、かっこよくしてほしい」

というお声をよくいただきます。

 

もちろん、レイアウトは私たちにお任せください!
みなさんの「かっこいい」を形にできるよう、ご提案させていただきます^^

 

そのほかの桜柄は「衣装ギャラリー」で紹介しています。
是非ご覧ください。

 

衣装ギャラリーはコチラから>>

 

 

スタッフ 竹下

【ブリント柄紹介】迫力のある龍柄シリーズ

オーダー衣装の場合は、衣装にプリントをされるチームさんがたくさんいらっしゃいます。
「オリジナル衣装は作りたいけど、柄のデザインはできないよー」「どんなのを選んだらいいの?」というチームさんのために、ドドーンではプリント柄のご提案も行なっています。

 

今回は、迫力のある龍柄をご紹介します。

龍柄のポイントは、男女ともカッコよくきまること!

荒々しい龍を取り入れることによって、女性でも力強さを表現することができます。

 

龍柄のおすすめは下記をご参考になさってくださいね↓↓↓

 

柄を見ただけではイメージ出来ないよーという方もご安心ください^^

実際に龍柄を使ったチームさんの衣装をご紹介します。

 

【プリント事例1】恋龍(れんりゅう)太鼓さん

恋龍(れんりゅう)太鼓さんは、龍柄と手書きのチーム名を組み合わせています。
プリント位置は、龍の顔が分かるようにチーム名とのバランスを考えました。
※データ制作作業には別途アートワーク料がかかります。

 

 

【プリント事例2】上毛龍神(こうげりゅうじん)太鼓さん

上毛龍神(こうげりゅうじん)太鼓さんは、龍柄とチーム名を組み合わせています。
前胸まで柄がくるように、龍柄を大きくプリントしました。
紫から白のグラデーションもとてもきれいです。
グラデーションプリントの時はムラが出ないように注意しています。
※データ制作作業には別途アートワーク料がかかります。

 

「この龍柄を使いたいので、あとはいい感じにお願いします!」

「チーム名と柄をうまく組み合わせて、かっこよくしてほしい」

というお声をよくいただきます。

 

もちろん、レイアウトは私たちにお任せください!
みなさんの「かっこいい」を形にできるよう、ご提案させていただきます^^

 

そのほかの龍は「衣装ギャラリー」で紹介しています。
是非ご覧ください。

 

衣装ギャラリーはコチラから>>

 

 

スタッフ 竹下

【プリント柄紹介】力強い波柄シリーズ

オーダー衣装の場合は、衣装にプリントをされるチームさんがたくさんいらっしゃいます。
「オリジナル衣装は作りたいけど、柄のデザインはできないよー」「どんなのを選んだらいいの?」というチームさんのために、ドドーン ではプリント柄のご提案も行なっています。

今回は、力強い波柄をご紹介します。

波柄のポイントは、
砕け散る高波の姿に迫力があり、動きを大きくみせてくれること!

また、迫力があるだけでなく、波を表現している線の細かな描写が繊細な「静」も表現してくれます。

力強い「動」と繊細な「静」。

その両方を表現することができる波柄のおすすめは下記をご参考になさってくださいね↓↓↓

 

 

柄を見ただけではイメージ出来ないよーという方もご安心ください^^
実際に波柄を使ったチームさんの衣装をご紹介します。

【プリント事例1】大崎海星(おおさきかいせい)高校さん

大崎海星(おおさきかいせい)高校さんは、波柄を右胸に大きくプリントしました。
プリント位置は、袴を着用したときにバランスよく見えるように工夫しています。
※データ制作作業には別途アートワーク料がかかります。

 

【プリント事例2】潜戸(くけど)太鼓さん

潜戸(くけど)太鼓さんは、波柄+桜とチーム名を組み合わせています。
チーム名がよく見えるように波柄の位置を計算し、バランスよく配置しています。
※データ制作作業には別途アートワーク料がかかります。

 

「この波柄を使いたいので、あとはいい感じにお願いします!」

「チーム名と柄をうまく組み合わせて、かっこよくしてほしい」

というお声をよくいただきます。
もちろん、レイアウトは私たちにお任せください!
みなさんの「かっこいい」を形にできるよう、ご提案させていただきます^^

そのほかの波柄は「衣装ギャラリー」で紹介しています。
是非ご覧ください。

衣装ギャラリーはコチラから>>

 

スタッフ 竹下