京都の魅力たっぷり! ~はんなり京都~お通り男史の衣装。

イラストレーターの敷城こなつ様より、「~はんなり京都~お通り男史」という、
京都発信のイケメンコンテンツのキャラクターの衣装を制作してほしいとご依頼いただきました!

普段何気なく通っている道も、見守ってくれる神様がいると思うと、特別なものに思えますね。
それがイケメンの神様なら、私なら嬉しい(笑)

そんなイケメンぞろいのお通り男史の中から、
今回作らせていただいたのは、「寺町」の衣装です。

お送り頂いた「寺町」のイラストがこちら!

寺町くんはお通り男史の広報担当!心やさしいイケメンです。
腰からぶら下がっているのは、京都寺町商店街のゆるキャラ「てらぼん」

そして実際に制作した衣装がこちら!

こだわりの柄や色はフルカラープリントで実現!
かなり再現度の高い仕上りになったと思います♪

イラストから、衣装にする際に苦労したのが、柄の再現です。
イラスト用に使っていた柄では、どうしても解像度が足りず、
敷城様に再度、衣装実寸サイズで柄を作って頂きました。

イラストと柄データを見比べて、
「人がこのくらいだから、柄はもっと大きいのかな」
「柄の向きはこっちだな」「色はどうかな」
と試行錯誤しながら、型紙にデータを配置していきました。

もう一点、こだわったのはマントです。
半天や袴は当店の定番の型を使用したのですが、
マントは当店に原型となるものがなく、一から型紙を作成しました。

サンプルもない所から、着た感じのイメージや寸法を確認するのは難しいので、
サンプルも作成し、実際に着用されるモデルさんに着てもらい、
イラストのイメージに近いのか?丈や衿周りはどうか?などを
敷城様と確認していきました。

「衿は少し立っている感じがいい」と要望を頂いたので、
特に衿の再現性にこだわりました。

そんな数々のこだわりの詰まったこの衣装!
着用していただくのが楽しみです♪

お作りした衣装は、スタッフが丁寧に検品し、お客様の元へお届け!

後日、敷城さまより衣装のコメントを頂きました!
===============================
「衣装の方到着しまして、拝見しました!
色目がとても綺麗で、本当に素敵です!
改めて素敵な衣装をご制作頂き本当にありがとうございました。」
===============================

こちらこそ、本職のイラストレーターさんの絵から衣装を作るという、
貴重な体験をさせて頂き、ありがとうございました!

お作りした衣装は、寺町くんの声を担当している声優の北島荘峻(キタジマタケトシ)さんが着用♪
イベント等で会うことができます!お写真も頂きました。

今後は、朗読会なども開催予定だそう。
気になる方は、公式サイトやTwitterをチェックしてみてくださいね。
私も見に行きたい!!

~はんなり京都~お通り男史の公式ホームページはこちら>>>
~はんなり京都~お通り男史公式Twitterはこちら>>>

one’s glory様のホームページはこちら>>>

スタッフ 石田

令和柄/衣装の形について

雨音をBGMにブログをかきかき( -ω-)φ
意外と雨の日好きなスタッフ石田です。

9月もはじまり、新元号“令和”にもやっと慣れてきましたね。
ドドーンの令和柄衣装、もう見て頂けましたでしょうか?

令和衣装を作るきっかけ

令和柄の衣装を作るきっかけは、
「ドドーンでも令和柄の衣装作れば?」というスタッフの一声。
楽しそうなので、乗っかることにしました♪

そして…できたのがこちら‼

衣装のポイント

新時代の幕開けという事もあり、
ちょっと洋装よりの袖なしフレア半天をベースにしました。

腰下をフレアスカートのように仕上げた半天で、
体の動きに合わせてキレイな弧を描く裾に気分も上がる一着です!

ウエストはマジックテープとゴムなので、自分のウエストにぴったりフィット。
子どもさん1人でもラクに脱ぎ着できますよ。
後ろ姿もギャザーですっきり絞って、気映えバッチリです!

次回は、こだわりの[柄]についてご紹介します!

————————————————————————————————–
令和柄衣装はドドーンの『スタイルブックvol.3』にも掲載しております♪
オーダー専用カタログの請求はコチラ>>>
オンラインストアでも販売しています。

太鼓女子衣装に新色登場

太鼓女子用の袖なし半天に新色が出ました!

つくった理由は、オーダーで生地色が選べてもなかなか完成イメージができないというお声があったのです。

では、実際の衣装にしたらわかりやすいかと思い、制作しました。

前回のピンクに続き、今回はカラシ色です。

オンラインストアで詳細&購入できます。https://ishoorder.base.shop/items/22170452

最近では、和風の衣装なのに動きやすい、洗濯しやすい、簡単に着られる、ということで、フェスやイベントで着用される方や、古民家カフェのユニフォームとして使いたい、という方も購入されています。

太鼓の激しい動きを考えてつくった衣装なので、いろんなシーンでお使いいただけるんだな、と新たな発見をした気持ちです。

店長 横山