新作法被は伝統的な日本のスタイルとモダニズムを合わせもつ1着になりそうです。

ただいま、新作法被 を企画中。
ドドーン・スタイルブック Vol.4 に掲載予定です。

ドドーンのデザイナー石田が作った柄を、実際に生地にプリント。
先あげ(1回目)のプリント見本が上がってきました。

デザイン画は平面(二次元)、生地にプリントすると立体(三次元)になり、実際に体に当てて確認できます。法被は肩の部分が落ちるので、そこに入れたモチーフ(柄)が思ったほど見えなかったり、指定した色が実際の大きさになると予想していた印象と違ったりします。ここの作業はスタッフや外部のデザイナーさんにも見てもらって、細かく詰めていきます。

特に今回は、大きな柄を日本の色で表現。
日本の色は微妙な色あいなので、色合わせも大変です。
写真で見ているような青ねず系の色はとても難しい。
さらに青と緑、どちらの要素が強いかで、モチーフの印象も変わります。

パッと目を引いて「かっこいい!」と言われる衣装を目指しています。
なかなかいいところまで来ているので、作っている私たちもとても楽しみです。

店長 横山

どんな腕の太さでも、ぴったりフィットする手甲

通常売られている手甲は、ほとんどがF(フリー)サイズです。

巻き付けられない人がいないように、多くは大人の男性に合わせたサイズです。
また、サイズの幅を持たせるため、幅広のマジックテープをつけられた手甲もあります。
マジックテープ部分は固いので、ゴワゴワ感が演奏する手に気になります。

このサイズで女性や、まだ腕の細い中高生まで使うのは無理がある、と思っていました。太鼓チームさんにお聞きしたところ、女性を中心に細い男性や子供も含めてサイズは困っている、とのこと。

そこでドドーンでは、手甲をS、M、Lと3サイズ作ることにしました。

太鼓をうつ手は、観衆も目のいくところ。
奏者自身の目に入るところでもあります。
手首を含め、太鼓をうつ腕は綺麗に演出したいと思うのです。

なので、もう一工夫できないかと考え、始めたサービスがこちら。

 

 

このマジックテープを、片方はあえて縫いつけずにお渡ししたところ、お悩みの方には大変喜んでいただけました。

 

 

縫製工場でしっかり縫いつけられたものをはずすのは、なかなか面倒な作業です。

片方のマジックテープを縫い付ける手間はかかりますが、ぴったりサイズの手甲はとても気持ちよく、演奏の邪魔にもなりません。

オーダー衣装を作っている店だからこそ、どんな体型の人もカッコよく決まる衣装をおつくりしたい。

それがいい演奏のためのお手伝いになると思っています。

店長 横山

▼手甲は1個からオンラインストアで購入できます
https://ishoorder.base.shop/items/23653880

備考欄に「片側縫い付け希望」とお書きください。
書かれていない場合、マジックテープは通常の位置で両方縫い付けてお渡しします。

職場体験学習で、中学生二人が実習に来ました

中学2年生の男子2名が、3日間職場体験に来ていました。

出来上がった衣装の撮影にスタジオへ行ったり…

シルクスクリーンプリントの体験や

インクジェットプリントは柄を作るところからプリントまで体験しました。家で絵柄を描いて来てくれた子も。
自分で作ったバッグは記念になりますね。

野球部とサッカー部の子だったので、部活にちなんだデザインで作りました。
偶然にも3年前に来た子も野球部とサッカー部で、シルクスクリーン印刷体験は、その先輩たちが作った版を使ってプリントしました。

終わって「大変だった?」と聞いたら「楽しかった!」と言ってくれました。
売られてるTシャツのプリントが、こんなふうにされてるって知らなかったでしょ?って聞いたら、うんうんと頷いてました。

地味な作業もありましたが、弊社ではものづくりから販売までやっている会社なので、両方体験できるといいなと思って体験スケジュールを立てています。

私の次男も中学2年で体験したとき、実習先は自動車の整備工場だったのですが「ずっと作業するのは苦手」と言っていました。それがわかっただけでもいいなあと母は思いました。
一方長男は、業務スーパーでしたが、黙々とジャガイモとみかんを袋づめしていたそうです。性格が出ますね。

今回来た二人も、仕事についてしっかりと質問していました。
こうした体験も、将来自分がやりたいことのちょっとしたヒントになるかもしれませんね。
これは好き、やっていて楽しい、と感じるものに進んでもらえたらいいなあと思っています。

店長 横山

人気のすそ絞りパンツに「紺色」が登場しました!

これまでオンラインストアでは、「黒」「白」「えんじ」と3色のすそ絞りパンツをご用意していましたが、新たに「」が加わりました。

太鼓衣装紺パンツ

紺色は落ち着いた色に感じますが、すそ絞りパンツの紺は少し彩度が高めで、華やかさを感じさせます。

紺色でも地味にならず、かといって派手すぎない。太鼓のステージにはぴったりだと思います。

定番の黒はすでにお持ちの方へ、2本め、3本めの色としてオススメです。

▼オンラインストア
https://ishoorder.base.shop/items/23866101

ドドーンの太鼓衣装の一部は、Amazonでも買えます

ネットで商品を探す時は、とりあえずAmazonか楽天からチェックする店長です。

普段使っているサイトは、見慣れているし、決済も楽ですよね。

ドドーンでも一部の衣装は、Amazonで購入できます。

オンラインストアもありますが、みなさんがよく購入される「すそ絞りパンツ」はAmazonでも買えたら便利だろうな、と思って載せています。

▼こちらからAmazonで販売している商品がみられます
https://amzn.to/33vHQLy

▼他の衣装も見るならオンラインストア
https://ishoorder.base.shop/

店長 横山

太鼓衣装の制作に助成金が使えます

地域の盛り上げや、文化の継承をされている太鼓チームさんの活動を応援してくれる助成金があります。

11月30日まで募集されている上記チラシ画像の助成ですが、三谷市民文化振興財団に確認したところ、衣装制作も助成の対象になるそうです。

(ちなみに、申請されたあとに審査がありますので、必ず助成金がもらえるわけではありません)

今回ご紹介している助成金は福井県の団体が対象ですが、みなさんがお住まいの地域でも確認されると良いかと思います。

======
ドドーンへお問い合わせいただく中に

『助成金への申請をしたいので見積書を作成してほしい』

という依頼も数多くあります。

ドドーンでは申請に必要な形をお聞きして、書類を作成しております。
申請が通らず、制作を見送るといった場合も大丈夫(無料)です。

これまでの事例ですと

・申請が通ったので、衣装を作る
・申請が通らなかったけれど、来年また申請するから来年も見積書を出してほしい
・数年かけて申請していたら、今年申請が通り衣装を作った
・申請が通らなかったけれど衣装は作る。ただ、予算がそこまでないので、一部(上着だけなど)制作する

といったことがあります。

また、よくお聞きするのが、宝くじの社会貢献事業としての助成金申請です。
これは、衣装に宝くじのマーク、クーちゃんをプリントしなくてはいけないのですが、ドドーンではそのようなプリント対応もしております。

▼三谷市民文化振興財団
http://www.mitene.or.jp/m-zaidan/index.html

▼一般社団法人 自治総合センター
https://www.jichi-sogo.jp/lottery/comunity

店長 横山

太鼓衣装ドドーンで新サービスが始まりました

本日、新サービスをリリースしました。

それに伴い、サイトが一部リニューアルされました。

新しい3つのサービス

【新しい3つのサービス】
・お手軽プラン
・いいとこ取りプラン
・こだわりプラン

お手軽プラン

既製品のハッピやTシャツ、タンクトップなどにチームオリジナルの柄やロゴをプリントするサービスです。

予算1万円内でチーム衣装を作れるプランです。

いいとこ取りプラン

ドドーンが開発したオリジナル衣装のベース型を使って、自分たちのオリジナル衣装に仕立てるセミオーダー感覚のプランです。

上着6種類、パンツ6種類、小物5種類のベース型をご用意。
重ね衿や、立ち衿の高さ変更などのオプションも用意されていて、カスタマイズしながら世界に一つしかないオリジナル衣装が作れます。

型をベースに考えることで、一からデザインを起こすのは難しい、絵を書くのは苦手、といった声に応えられるプランです。

また、ドドーンのスタッフがサポートにつきますので、作りたい衣装デザインと予算のすり合わせを、プロのノウハウで実現します。

内容、価格、共にとてもお得なプランです。

こだわりプラン

「いいとこ取りプラン」でご用意したベース型以外の形をご希望される場合は、こちらのプランになります。
一から型を起こすので、形の確認のため仮縫いも行います。

打ち合わせ時間は他のプランよりも長くかかりますので、余裕を持ってご相談ください。

店長 横山

増税前!駆けこみキャンペーン実施中

最近よくあるご質問。

「今オーダーで衣装をお願いすると、消費税は8%ですか?10%ですか?」

気になるところですよね。

オーダー衣装ができあがるまで数週間かかりますから、お渡しが10月以降になってしまいます。

そこで、増税まで残り少なくなってきましたが、9月中にご注文いただいくチームさんは、衣装のお届けが後になっても8%のままお見積もりいたします。

衣装をつくろうと思ってるんです!
でも、まだ打ち合わせが…という方は、取り急ぎスタッフにご相談ください。

追加のオーダーも、早めにお声がけくださいね!

店長 横山

オンラインストアにキッズが登場しました

園児や小学生といった子供サイズの衣装をご依頼されることも多い太鼓衣装。

オーダーは大人と同じデザインでかっこいい衣装を作れますが、既製品は法被がほとんどです。

今回、ドドーンのオンラインストアにキッズカテゴリができました。
かっこいい大人の立ち衿半天とおなじデザインの衣装が購入できます。

子供用太鼓衣装

子供サイズも110、130、150と3サイズ展開。
裾上げすれば長く着ることもできます。

オンラインストアの衣装は1着から買えます。

このデザインをベースに、オリジナルデザインを考えるのもおすすめです。
3着からオーダーできますので、親子やチームでお揃いのかっこいい衣装を考えるのもいいですね。

▼ドドーンオンラインストア キッズ
https://ishoorder.base.shop/categories/1938194

店長 横山

府州太鼓さん(アメリカ フロリダ州)の衣装をご紹介します。

府州太鼓さんから、おつくりした衣装を着用したお写真をお送りいただきました。

府州太鼓fushudaiko

ありがとうございます!

今回おつくりした衣装は「立ち衿半天」と「すそ絞りパンツ 脚絆付き」です。
立ち衿半天の背中には、チーム名をプリントしています。

fushudaiko

衣装について府州太鼓さんに改めてお聞きしました。
そちらもご紹介させていただきますね。

(ドドーン:以下 ド)今回制作した衣装の色や和柄についてお聞かせください。

(府州太鼓さん:以下 府)衣装のポイントはチームのテーマカラーである赤と黒、そして龍をあしらったデザインです。
和柄はチームでどの柄にするか投票して、1票差で牡丹龍に決まりました。

(ド)オリジナル衣装を作ろうと思ったきっかけは何ですか?

(府)来年チーム結成30周年なので、それまでに衣装を一新したいというのがチームの願いでした。

今までは手作りでしたが、今回は30周年ということもあり、やはりプロにお願いしようということになりました。

(ド)チームの活動への想いや、結成秘話などを教えていただけますか?

(府)アメリカ生まれのアメリカ育ち、日本人メンバーはたった二人しかいない、アメリカ国内では日本から一番遠いところにある和太鼓チームです(笑)。

30年前、たまたま地元の日本庭園で開催された盆踊りに立ち寄った日本人とアメリカ人の夫妻が、盆踊りなのに太鼓がないということに驚いて、一から和太鼓チームを立ち上げたのがきっかけです。

知識も経験も全くない状態から、米国で活躍されている和太鼓の巨匠の方々のお力をお借りして、チーム一丸となって練習を積み重ね、様々なステージで演奏できるくらいになりました。

来年は30周年という節目を迎えてより一層チームとして飛躍したいと思っています。

(ド)府州太鼓さん、ありがとうございました!

▼府州太鼓 FUSHU DAIKO さんのサイトはコチラ↓
http://www.fushudaiko.org

店長 横山