【アイテム紹介】ハッピのインナーでも使える万能ウェア!着物シャツをご紹介します。

最近、暖かくなってきましたね。
春の陽ざしが心地よく、ランチ後に眠くなっちゃうスタッフ竹下です。
※寝てはいないですよ(笑

 

 

今日は、オーダーでご対応しているアイテムをご紹介します!
主役級の1枚『着物シャツ』です^^

ハッピのインナーとしても、1枚で衣装としても使える万能ウェア!
腕や肩を出しているので、腕を大きく振り上げる演奏にはもってこいの1枚です。
体に軽くフィットさせているので、シルエットもきれいに見えます。
また、涼しいと好評なんですよ~^^

 

重ね衿や袖縁を付けるだけで、印象も変わります。

 

スッキリとしたシルエットなので、ボトムにはボリュームのものを合わせるとバランスが良いですよ~
繊細な音色の演奏であれば、ストレートパンツなど細身のパンツと合わせてもGOOD!

 

 

着物シャツをご希望の方は、お気軽にお問い合わせくださいね~

 

お問い合わせはコチラから>>

 

着物シャツを使った衣装は「衣装ギャラリー」で紹介しています。
是非ご覧ください。

 

衣装ギャラリーはコチラから>>

 

 

 

スタッフ 竹下

立ち衿半天はオーダーで衿の高さが変えられます

ドドーンの人気アイテム「立ち衿半天」。
立った衿が特徴で、羽織るだけでかっこよく決まります。

この衿の高さを変えられるってご存知ですか?

カートで買える立ち衿半天は定番サイズで、衿の高さは 6 cmです。


オーダーですと、この高さを変えることができます。
これまで一番高くされた方はなんと11cm、低い方で3cmでした。

定番の6cmを基準に、やや高めが良い場合は7.5cmがおすすめです。
ちょっと低めで5cm、4cm、というチームさんもいらっしゃいました。

女性ですと、ファンデーションがつかない高さがいい、というお声(その場合は定番の6cmがおすすめです)もあります。

高くなるほど演奏しにくい、という面もあります。
みなさんのお好みの高さで、かっこよく決まる1着をおつくりください。

※実際の衣装を着用して考えたい、という場合は、衣装の貸し出しもしております。

往復の送料、クリーニング代を実費でお願いしています。一式5,000円(税別)になります。
実際にドドーンでおつくり頂くことが決まりましたら、衣装制作代から引かせていただきますので、その場合は実質無料になります。

貸し出し期間は1週間です。

ご希望のアイテム、サイズなどをお聞きして、サンプル衣装をご用意します。
ドドーンの衣装オーダーを検討されていて、サンプルを見たいという方は、お問い合わせフォームまたはお電話、ラインなどでご相談ください。


店長 横山

衣装の追加オーダーは何着からできますか?

お客様のご質問で最も多いのは、追加オーダーについてです。

「何着から追加オーダーできますか?」
「出来上がるまでの期間はどれくらいですか?」
「前の資料が残っていますか?」
「どうやって追加の注文をしたら良いですか?」
「価格はおいくらですか?」

ブログでも一つ一つ、お答えして行きますね。

まず今回は、「何着から追加オーダーできますか?」というご質問について。

お答えは「1着からオーダーできます」

衣装を余分に作っておかなくても、新しいメンバーさんが入ったときにその方のサイズでご注文いただけます。

もし、前回作った衣装のサイズ以外のサイズが欲しい場合、新たにお作りすることができます。

例えば、初回オーダーの時は、S、M、Lサイズしか作っていない。
新しいメンバーさんが、とても体の大きい人で、3Lが必要。
あるいは、子供のメンバーがはいったから、130cmサイズが欲しい。

このような場合も、同じデザインでサイズ違いをおつくりできます。

店長 横山

衣装制作が終わったあと追加注文するのに、版はどれくらい保管してもらえますか?

ドドーンで衣装にロゴや柄をプリントするときは、版を使って1色ずつ刷るシルクスクリーン印刷か、柄データを作ってフルカラーでプリントする昇華転写が多いです。

今回はシルクスクリーン印刷の「版」の保管について、お客様からご質問をいただきましたので、ブログでもご説明します。

シルクスクリーンの版は、このようなもの(↓)です。

着ているTシャツの胸に「横山工藝」とプリントされています。手に持っているのはプリントする時に使った版です。

版の中央に「横山工藝」のロゴが透けて見えています。この版をTシャツの上に置き、インクを置き、スキージと呼ばれるヘラで刷っていきます。

と、文字で書くとなんのことやら。

先日ある展示会に弊社が出展した際の「シルクスクリーン印刷体験」をごらんください。(一般の方が体験している動画です)


体験版なので、小さな版でコルクのコースターにプリントしています。
衣装は裁断した生地が大きく、プリントする柄も大きいため、大きな版を使用します。

このように(↓)職人がプリントしていきます。
スキージも大きいですね。
この写真は、半天の袖にプリントしているところです。

こうして皆様の衣装に使用した版は、弊社で1年間保管しています。

これらはほんの一部ですが…

シルクスクリーンプリントを使っているお衣装の追加注文を頂いた時は、こちらから版を探し出してプリントします。

そして、保管期限は追加注文からさらに1年と伸びますので「こないだ追加で作ったところなのに保管期限が切れちゃった」ということはありません。

また版は、湿度、温度など、私たちの元で管理しておりますが、使用頻度が多かったり、何年もたつと劣化してきます。

2、3年は問題ありませんが「そろそろ版が壊れそうだな」という時にはお知らせして、再版します。

初回の版代は、1版8,500円(税別)です。1年間の保管料を含みます。
再版は1版6,500円(税別)です。再版したものも、1年間保管します。
保管期限がすぎて同じ柄の版を作る場合も、再版代でお作りします。

※写真に写っているものはほとんど8,500円の版ですが、柄サイズが縦60cmを超えるものは9,500円〜(税別)となります。

ということで、説明が長くなりましたが、「版の保管期限は?」に対する答えは「1年間」です。

店長 横山  ※ちなみに、版を持っている写真の人物は私ではありません。夫です。

【アイテム紹介】足さばきの多いチームにオススメ!すそ絞りパンツ脚絆付き

本日は、オーダーでご対応しているパンツをご紹介します^^

 

【すそ絞りパンツ脚絆(きゃはん)付き】

 

ドドーン人気のすそ絞りパンツの足元に脚絆がついています。
脚絆を巻くことで、すそがだぼつかず、裾を踏んでしまうという心配もありません。
シルエットもすっきりとした雰囲気になります。

足さばきの多いチームさんや、外の演奏で靴をはくチームさんにもおすすめの1着です。

 

脚絆(きゃはん)はマジックテープになっているので、お子さんでも簡単に着用すること可能です。
オーダーでのご対応となるので、脚絆だけ色をかえるなんて言うことも可能です♪
たとえば、パンツは黒にして脚絆は白にするなど。
色を変えるだけでも、パッと目を引くことができますね

 

脚絆付きをご希望の方は、お気軽にお問い合わせくださいね~

お問い合わせはコチラから>>

すそ絞りパンツ脚絆付きを使った衣装は「衣装ギャラリー」で紹介しています。
是非ご覧ください。

衣装ギャラリーはコチラから>>

 

スタッフ 竹下

【和柄生地の紹介】疋田桜(ひったさくら)

オーダー衣装の場合は、華やかな衣装にしたいと衣装の一部に和柄生地を使うチームさんがたくさんいらっしゃいます。

「どんな柄があるの?」
「どの柄をつかったらカッコいいのかな?」
というチームさんのために、取り扱っている和柄生地をご紹介します。
柄選びのご参考になさってください。

 

 


疋田桜(ひったさくら) イ:生成り系

 


疋田桜(ひったさくら) ロ:黄色系

 


疋田桜(ひったさくら) ハ:青系

 


疋田桜(ひったさくら) 二:黒系

 

 

柄を見ただけではイメージ出来ないよーという方もご安心ください^^
実際に和柄生地を使ったチームさんの衣装をご紹介します。

 

 

【和柄事例1】萌(もえ)さん

【和柄事例2】浜益豊漁(はまますほうりょう)太鼓さん

【和柄生地についての注意点】
和柄は品切れや廃盤になり、なくなってしまうこともあります。
気に入った柄がありましたら、どうぞお早めにお知らせください。
生地のみの販売はしておりません。あらかじめご了承ください。

ポリエステル素材になり伸縮性はありません。
お衣装を長くご愛用頂くために、綿素材との組み合わせはお受けしておりません。
洗濯していくと衣装の形が崩れてしまう可能性があるためです。

 

 

他にもモノクロのものや、伝統的な紋柄などもございます。
希望の柄がない場合は、ドドーンからご提案もできますのでお気軽にご相談ください。
そのほかの和柄生地を使った衣装は「衣装ギャラリー」で紹介しています。
是非ご覧ください。

衣装ギャラリーはコチラから>>

スタッフ 竹下

【和柄生地の紹介】牡丹龍(ぼたんりゅう)

オーダー衣装の場合は、華やかな衣装にしたいと衣装の一部に和柄生地を使うチームさんがたくさんいらっしゃいます。

「どんな柄があるの?」
「どの柄をつかったらカッコいいのかな?」
というチームさんのために、取り扱っている和柄生地をご紹介します。
柄選びのご参考になさってください。

 


牡丹龍(ぼたんりゅう) イ:赤

 


牡丹龍(ぼたんりゅう) ロ:青

 


牡丹龍(ぼたんりゅう) ハ:紫

 


牡丹龍(ぼたんりゅう) ニ:黒

 

柄を見ただけではイメージ出来ないよーという方もご安心ください^^
実際に和柄生地を使ったチームさんの衣装をご紹介します。

 

【和柄事例1】天衝(てんしょう)さん

 

【和柄事例2】三郷義民(みさとぎみん)太鼓保存会さん

 

【和柄生地についての注意点】
和柄は品切れや廃盤になり、なくなってしまうこともあります。
気に入った柄がありましたら、どうぞお早めにお知らせください。
生地のみの販売はしておりません。あらかじめご了承ください。

ポリエステル素材になり伸縮性はありません。
お衣装を長くご愛用頂くために、綿素材との組み合わせはお受けしておりません。
洗濯していくと衣装の形が崩れてしまう可能性があるためです。

他にもモノクロのものや、伝統的な紋柄などもございます。
希望の柄がない場合は、ドドーンからご提案もできますのでお気軽にご相談ください。

 

そのほかの和柄生地を使った衣装は「衣装ギャラリー」で紹介しています。
是非ご覧ください。

衣装ギャラリーはコチラから>>

 

スタッフ 竹下

【プリント柄紹介】力強い波柄シリーズ

オーダー衣装の場合は、衣装にプリントをされるチームさんがたくさんいらっしゃいます。
「オリジナル衣装は作りたいけど、柄のデザインはできないよー」「どんなのを選んだらいいの?」というチームさんのために、ドドーン ではプリント柄のご提案も行なっています。

今回は、力強い波柄をご紹介します。

波柄のポイントは、
砕け散る高波の姿に迫力があり、動きを大きくみせてくれること!

また、迫力があるだけでなく、波を表現している線の細かな描写が繊細な「静」も表現してくれます。

力強い「動」と繊細な「静」。

その両方を表現することができる波柄のおすすめは下記をご参考になさってくださいね↓↓↓

 

 

柄を見ただけではイメージ出来ないよーという方もご安心ください^^
実際に波柄を使ったチームさんの衣装をご紹介します。

【プリント事例1】大崎海星(おおさきかいせい)高校さん

大崎海星(おおさきかいせい)高校さんは、波柄を右胸に大きくプリントしました。
プリント位置は、袴を着用したときにバランスよく見えるように工夫しています。
※データ制作作業には別途アートワーク料がかかります。

 

【プリント事例2】潜戸(くけど)太鼓さん

潜戸(くけど)太鼓さんは、波柄+桜とチーム名を組み合わせています。
チーム名がよく見えるように波柄の位置を計算し、バランスよく配置しています。
※データ制作作業には別途アートワーク料がかかります。

 

「この波柄を使いたいので、あとはいい感じにお願いします!」

「チーム名と柄をうまく組み合わせて、かっこよくしてほしい」

というお声をよくいただきます。
もちろん、レイアウトは私たちにお任せください!
みなさんの「かっこいい」を形にできるよう、ご提案させていただきます^^

そのほかの波柄は「衣装ギャラリー」で紹介しています。
是非ご覧ください。

衣装ギャラリーはコチラから>>

 

スタッフ 竹下