キラリと光るカッコいい手甲が出来上がりました

こんにちは。ドドーンスタッフの竹下です。最近は雨が降り続け、早く晴れないかな~と思う毎日です。

Twitterでつぶやいていた手甲が出来上がりました~!

初めはマスクケースをと考えていたのですが、手首に嵌めてみたら、「手甲(てこう)の方がカッコいいんじゃん!」と。早速サンプルを作ることに。出来上がったサンプルを付けてみたところ、生地に織り込まれている銀糸が光り切り替えもアクセントとなって「やっぱりかっこいいな」と思いました。

手甲は「てこう」や「てっこう」と呼ばれる、太鼓では主に腕の装飾として使われています。コハゼのものや、マジックテープのものがあります。ドドーンでは、簡単に装着できるマジックテープタイプでお作りしています。

マジックテープをオススメしている理由>>>

手甲の付け方は、円周が短いほうが手先側で円周が長い方が腕側となります。ひざや机の上だと付けやすいですよ。

お手入れ方法

切替部分の柄生地は装飾用の布ですので、どうしても傷つきやすいくほつれやすいです。お洗濯は手洗いをオススメします。アイロンは、裏側から当て布をして低温(120℃)でササっと軽くかけてください。縮む可能性があるので柄部分は避けてください。

大太鼓を打つ際や角度によってチラリと光る柄が見えるのがまたカッコいいんです。お色コーディネートしやすい、白と黒の2種類。今お持ちの衣装にプラスしてもいいですね。

在庫限りの商品となりますので、お早めに~
コチラの手甲はオンラインストアにてご購入できます。

オンラインストアはコチラから>>>

Twitterも制作経過などもUPしています^^是非フォローしていただけると嬉しいです!

スタッフ 竹下