[シルクスクリーン]と[フルカラー]プリントの違い!

最近、1月にしてはあったかくて、
このまま続いてほしい石田です(/・ω・)/

さて、今回は“プリント”についてご紹介します!

プリントと一口にいっても、実は様々なプリント方法があるんですが…
ドドーンで主に使っているプリント手法は“シルクスクリーン”と“フルカラー”の2種類。
この2つのプリント方法の、特徴などをご紹介します!

シルクスクリーンプリントとは…

シルクスクリーン版という、柄の部分に穴の開いた版を使用し、
インクを通してプリントする技法です。

 

▼衣装事例

〇長所
・いろいろな生地にプリントができる
・金銀が使える
・長持ちする
・コストをおさえられる
・家庭用洗濯機で洗える

〇短所
・大きいプリントが難しい
・色数が多いプリントは難しい(1~3色まで)
・1ヶ所/1色ごとに版が必要になる※1

〇その他
・制作した版は1年間保管(保管期間を過ぎての追加は、別途再版代がかかります。)

※1…1ヶ所/1色ごとに版が必要になる
例えば、下の衣装イメージだと、各部分1枚と背中2枚で計5枚の版が必要になります。

フルカラープリントとは…


型紙に合わせた柄のデータを作成し、白い布地に柄をプリントする技法です。
正式名称は昇華転写といい、一度紙に出力し、熱で布に転写していきます。

▼衣装事例

〇長所
・全面プリントできる
・多色使用ができる
・グラデーションができる
・細かいデザインも再現できる
・家庭用洗濯機で洗える

〇短所
・ポリエステル生地しかプリントできない
・金銀が使えない※2
・糸が抜けると白い線になる※3

〇その他
・制作したデータは5年間保管

※2…金銀が使えない
金銀のインクがないので、金→黄土色、銀→灰色での表現になります。
サテンなどの光沢生地にプリントすると、より金銀に見えます。

※3…糸が抜けると白い線になる
フルカラーは染めているわけではないので、インクのった面の糸が抜けてしまうと、
その部分が白い線になってしまいます。特にサテン生地などは、引っかかりやすく、注意が必要です。
糸抜けによる、白い線はお直しができません。

“シルクスクリーン”と“フルカラー”はどちらを選べばいいの?

シルクスクリーンとフルカラーの違いを説明しましたが、
どちらにも長所と短所があり、正直、どちらを選んだらいいのでしょうか?

衣装のイメージイラストなどを送って頂けましたら、
スタッフが判断させていただきますので、
まずは作りたいイメージ優先で大丈夫です♪

その他、ご不明な点などあれば、
お気軽にスタッフまでお知らせくださいね。

スタッフ 石田