【衣装紹介】共和町らしさを衣装で表現!華やかな太鼓衣装:共和町豊稔太鼓保存会さん

共和町豊稔太鼓保存会 さん(北海道)の和太鼓衣装をご紹介します。

===========================

チーム名:共和町豊稔太鼓保存会

地域:北海道

プラン:いいとこ取りプラン

●袖なし半天ロング
オプション:全面プリント、生地替え(和柄生地)

制作日数:デザイン決定後から約2カ月

===========================

衣装づくりのきっかけ

チームテーマである「豊稔」、共和町らしさを衣装で表現するためにオリジナル衣装をつくりたい。「かっこいい・着てみたい」と思うデザインにすることで、メンバーのモチベーションアップと伝統継承に必要な新規メンバー獲得に繋げたい

とご相談いただきました。

 

「豊稔」をイメージした稲穂の図柄、華やかさ、
小学生男女共に「かっこいい・着てみたい」と思えるデザインを考えていきました。

衣装の形について

・動きやすさ

・体型に左右されにくい着やすさ

・見た目のかっこよさ

上記3つの観点から、袖なし半天ロングを選びました。

色について

豊稔太鼓さんのチームカラーは「赤・黒・白」
多種多様なものがある「赤」の部分はこだわって
チームカラーに近いアムンゼンのえんじ色を選びました。

生地について

和柄は花柄が多いため、年頃の男の子は嫌がることが多いです。
豊稔太鼓さんも和柄選びでは、納得してくれるものを選ぶまで時間がかかりました。
その中でも選んだ和柄は「牡丹龍(赤)」です。
牡丹龍は、龍のもつカッコよさときれいな牡丹と赤色の配色で
男の子女の子どちらでも違和感なく着られる和柄です。
衣装の基調の同系色である、赤色を選ぶことによって
衣装に統一感を持たせつつ華やかさもぐんっとUPします。

プリントについて

「豊稔」をイメージした稲穂の図柄は特にこだわった部分です。
デザイン画でご提案しながら、稲穂の形を何度も確認しました。
時には豊稔太鼓さんの地域の米農家さんにもデザイン画を見ていただき
実った稲穂の形と色を再現しました。
稲穂とともに大きくチーム名も配しています。

チーム名を大きく配置した理由は、自分達は町を代表して「豊稔太鼓」を担っていることを、着るメンバーも含めて、「もっと豊稔太鼓を知ってほしい」という想いが込められています。

チームについて

共和町豊稔太鼓 粋花さんは、ある一人の男の子が「太鼓やりたい!」と思ったのが始まりです。地元にある「共和町豊稔太鼓保存会」は歴史ある団体でしたが、子供がやれる環境がありませんでした。
そこで男の子の気持ちに答えるべく、子供中心として発足したのが「共和町豊稔太鼓保存会 粋花」です。

豊稔太鼓さんより、嬉しいコメントもいただきました。

衣装のお披露目が無事終了しました。
さて、お披露目への反応ですが、一言で言うと「大好評!」です!!
メンバーもその保護者も反応がよく「かっこいいね~」と。

えんじ色も男の子でも違和感なく、和柄もすんなり受け入れてもらえました(笑)
年配の役員の方々には背中の稲穂が好評で、共和らしさがあってよいと言われました。

 

他の団体でやっている子どもから「いいな~」と言われたり、よく知る太鼓仲間には「派手だねぇ」と言われました。(派手さは狙ったところなので誉め言葉ですね)

メンバーが揃って着ると迫力もあり、特に背中側からみると本当にかっこよくて、メンバーの自信に繋がってると思います。

女子は「浴衣用の髪飾りがあうから!」と髪型や飾りをいろいろ楽しむようになりました。
本人達よりも母親達が楽しんでるかもしれません。

また、衣装効果もあってかメンバーが更に増えました!
同級生の前で演奏する機会が今年は増え、その時に新衣装で演奏できたのもよいPRになったのだと思います。

本当に本当にありがとうございました!

******************************************

 

ありがとうございます^^
担当者のSさんがチーム皆さんの意見をまとめてくれたおかげで
ほんとにカッコいい衣装に仕上がりました。

衣装づくりでは悩む部分も多かったと思いますが
私はSさんと一緒にワクワクしながら衣装づくりができました。
子供たちの元気に太鼓を打つ姿は、きっと共和町をもっと元気にしてくれると思っています。
稔の秋の今!豊稔太鼓さんのますますの活躍楽しみにしています^^

 

いいとこ取りプランについて詳しくはコチラ >>>

オーダー専用カタログの請求はコチラ>>>

 

スタッフ 竹下