令和衣装/柄について

最近、朝晩が少し涼しくなりましたね。
寒暖差で体調を崩したスタッフ石田です(;’∀’)
皆さまもご自愛くださいねー。

さて、今回は、令和衣装の柄についてご紹介します。

令和にふさわしい柄を

“令和”の出典が日本の万葉集、梅の花について読んだ歌からきていることから、「和」「梅」の要素を入れたいと思っていました。
さらに調べていくうちに、 令和慶祝カラーがあると知り、要素や色から、衣装のイメージを固めていきました。

そして…衣装が完成しました!

和柄の意味

今回使った、柄の意味をご紹介しますね。
普段、何気なく目にする模様には、実はいろんな意味合いがあるんです。

麻の葉…植物の麻は成長が早く、成長・邪気を払う(魔除け)の意味がある。
矢絣 …弓で射た矢は戻らない、まっすぐ進むという事から縁起がいい。
市松…人気の歌舞伎役者が身に着けていた柄=縁起がいい。
七宝…円形が連鎖するので、円満・調和・ご縁・子孫繁栄の願いのこもった柄。

花の意味

梅…豊かな生活、春の訪れを知らせる花=喜びの象徴、
  花言葉「不屈の精神」「高潔」
桜…五穀豊穣、花言葉には「精神の美」や「優雅な女の人」
葵…発展、花言葉には「大望」「野心」「豊かな実り」
  「気高く威厳に満ちた美」「高貴」「神聖」「温和、優しさ」

まとめ

見た目はもちろん、柄の意味も知っていると、
衣装により愛着がでてくるのではないでしょうか。

でも、フレア半天はかわいすぎるし、
ピンクや紫はちょっと…という方もいると思います。
スタッフにもいました(笑)

次回はそんな方へおすすめの【衣装アレンジ】についてご紹介します。

————————————————————————————————–
令和柄衣装はドドーンの『スタイルブックvol.3』にも掲載しております♪
オーダー専用カタログの請求はコチラ>>>
オンラインストアでも販売しています。
オンラインストアはコチラ >>>