【衣装紹介】浜益豊漁太鼓さん:色鮮やかでインパクトのある立ち衿半天

 

浜益豊漁(はまますほうりょう)太鼓さんから、ステキなお写真をいただいたのでご紹介します✨

色々なショットで見せてくれてありがとうございます。
みなさん可愛いですね💛💛
スタッフみんなでほっこりしました( *´艸`)

 

浜益豊漁太鼓さんは、北海道石狩市浜益区で活動されているチームさんです。
地元の中学生を中心に、伝統芸能を体験し、理解を深める教育の一環として活動されていましたが、
その中学校が廃校になり、「太鼓が無くなるのはもったいない!続けていこう」と考えた現役中学生や卒業生で『浜益豊漁太鼓』が結成されました。
今では、小学生から浜益にいる若者とメンバーで思いを継承しつつ太鼓を楽しまれています。

 

廃校までの活動は、子供たちの練習で上手くなっていくときの嬉しさ、歓声が上がるときの高揚感など、さまざまな経験になったことでしょう。また、学校内だけでなく地元のお祭りでの活動は、地域の活性化にもつながっていたと思います。
「経験や機械を失わせず、続けていきたい!」という代表者さんや浜益豊漁太鼓さんの想いに胸を強く打たれました><

 

 

そんな熱い想いを胸に活動されている、浜益豊漁太鼓さんの衣装はコチラです^^

===========================
チーム名:浜益豊漁(はまますほうりょう)太鼓
地域:北海道
アイテム:立ち衿半天+すそ絞りパンツ脚絆付き
制作日数:デザイン決定後から約2カ月
===========================

初めてお問い合わせいただいたのは、2016年5月。
「元々持っていた衣装が古くなったので、新しい衣装を作りたい」
とドドーンにお問い合わせいただきました。

 

衣装は、立ち衿半天を製作。
背中と左胸には紫のグラデーション。
浜益地区は港町なので、大きな波も配置しました。
背中には地元にある有名なものをモチーフにしたオリジナルのロゴを入れたいということで、浜益の象徴ともいえる秀峰黄金山(こがねやま)をイメージしたロゴを製作しました。

 

このデザインに決定するまでは、港町なので青色と紫色の朝焼けのようなグラデーションでご提案していました。
デザインを進めていくうちに、金色の波やロゴが青のグラデーションでは、色鮮やかすぎてでロゴが映えない。暗い色のグラデーションが合うのではないか?など、何度もお客様と打ち合わせをし、イメージをすり合わせて形にしていきました。
2018年には、小さい子用の衣装も追加制作していただきましたよ♪

 

 

浜益豊漁太鼓さんから嬉しいメールも届きました♪

==============

衣装の方も、実物を確認しまして、
期待以上の仕上がりで、大変満足です。

8/6に行われた、太鼓演奏状況の写真を送ります。
新しい衣装に、会場の皆さんもビックリしていました。
演奏も無事に終了出来て、大変満足です。

有難うございました。
今後とも、また宜しくお願い致します。

==============

まだ、打ち合わせなど慣れない私でしたが
浜益豊漁太鼓さんと、ともに試行錯誤しながら作った衣装。
着用した写真を見たときは
「一緒に頑張って、浜益豊漁太鼓さんの思いを形にできて本当に良かった!」
と感動しました。

 

 

浜益豊漁太鼓さんありがとうございました!
メンバーが増え、想いも演奏も一層パワーアップした浜益豊漁太鼓さんの活躍これからも楽しみです^^

 

 

オーダーについて詳しくはコチラ >>>

メールでのお問い合わせはコチラ >>>

オーダー専用カタログの請求はコチラ>>>