【衣装紹介】宝塚太鼓 大和さん:伝統の柄をハッピからうけ継ぎ、新しい衣装に。

今回は宝塚太鼓 大和さんの衣装をご紹介します。


===========================
チーム名:宝塚太鼓 大和
地域:兵庫県
アイテム:立ち衿半天
制作日数:デザイン決定後から約2カ月
===========================

今回制作した立ち衿半天は、今まで着られていた法被を元にデザインをおこしました。

龍柄や裾の文様を再度ドドーンでかきおこし、新しい衣装用にデザインしなおしました。

これまでのチームの伝統柄を失うことなく、新しいスタイルの衣装に変化させています。

サイズはS、M、LLとばらばらでしたが、サイズごとにレイアウトをかえて
みなさん同じ印象になるよう心がけました。
 
胸元にはファスナーがついていて、開けても閉じても着られるスタイルです。
また、白地部分に地模様の入った生地をつかって変化を出しています。
衣装度があがりますね。

 

演奏中のお写真もいただいたのでご紹介します^^

 

夜の演奏も風情があって素敵ですね。

 

宝塚太鼓 大和さんありがとうございました。

 

オーダーについて詳しくはコチラ >>>

メールでのお問い合わせはコチラ >>>

 

スタッフ 竹下

【定番生地紹介】ポリエステル素材の無地生地をご紹介します。

「色を青色に変更したい」
「チームカラーの衣装をつくりたい」
など好きな色で衣装をつくりたい!というチームさんがたくさんいらっしゃいます。
チームオリジナルの衣装を作るなら、生地や色にもこだわりたいですよね^^

 

「どんな生地や色があるの?」
「どんな生地を使えばいいのかな」

というチームさんのために、取り扱っている定番生地をご紹介します。
当店の生地のほとんどがご家庭の洗濯機で洗えるので、お手入れもラクラクです。
ぜひ好みの生地を探してみてくださいね。

 

 

 

【定番生地1】アムンゼン生地 ポリエステル100%

当店で一番よく使われているオススメの生地です。
さらっとした風合いで肌あたりがいい生地です。
衣装にしても軽く、演奏の邪魔をしません。

 

 

【定番生地2】メロンアムンゼン生地 ポリエステル100%

メロンのようなシボが特徴の生地です。
少し厚手でハリ感があるため、アムンゼンより高級感がでます。

 

 

【定番生地3】バックサテン生地 ポリエステル100%

光沢感のある生地です。
屋内の舞台でも野外の演奏でもライトや太陽によってキラリと光るので舞台映えします。
衣装全体はもちろん、衿やフチなどの細部に使うこともオススメです。

 

【無地生地についての注意点】

写真は実際の色と異なりますのでご注意ください。
※オーダー制作決定のお客様には色見本をお送りいたしますので、実際の色合いを確認できますのでご安心ください^^

生地によって価格がかわります。ご希望の生地をお知らせいただければお見積りいたします。
生地や色によっては廃盤になることもありますので、ご希望の生地や色がありましたらお知らせください。
生地のみの販売はしておりません。あらかじめご了承ください。

お衣装を長くご愛用頂くために、ポリエステル素材と綿素材との組み合わせはお受けしておりません。
洗濯していくと衣装の形が崩れてしまう可能性があるためです。

 

 

実際に生地を触ってみたいという方は、カタログと一緒に生地見本をお送りしております。
カタログ請求はコチラから>>

 

そのほか色の組み合わせは「衣装ギャラリー」を参考にしてみてくださいね。
衣装ギャラリーはコチラから>>

 

 

スタッフ 石田

 

ドドーン1周年!お客様感謝企画

福井でも暑い日が続き、夏が近づいてきているのが感じられます。
夏はお祭りシーズン!
衣装をお作りしたチームさんの活躍が見られるので、この時期からちょっとわくわくしちゃいます^^

 

そんなイベントシーズンを控えたみなさんを応援する、ちょっとおトクなお知らせです✨
このたび、ドドーンはサイトリニューアルから無事に1周年!!(ちょっとすぎちゃいましたが笑)

そこで、「1周年!お客様感謝企画」として、

大きく足を開いても動きやすい!アイロンがけも不要なので扱いやすい!と
大人気のすそ絞りパンツをAmazon限定価格5,980円にて販売しています。※(別途送料がかかります。)

いつもよりお買い求めやすくなっていますよ^^

Amazonのページはコチラから>>

 

お手持ちのハッピに合わせるだけで、手軽にカッコよくキマる「すそ絞りパンツ」

 

例えば、芹川村桶胴太鼓保存会 神亀(じんき)さんはチームのオリジナルタンクトップとすそ絞りパンツのコーディネートです。
すずしい夏用の衣装として、Tシャツやタンクトップに合わせるのもおススメです!

 

サイズも110寸・130寸・S~5Lまでと9サイズ展開。
お子様から大きい男性の方までそろっているので、サイズのことで迷わず安心です。
また、こちらはドドーンのオリジナル商品ですので、「洗い替えがほしい!」、「メンバーが増えた!」など衣装を追加したい時、「同じものがそろえられない!!」なんて心配もありません。

 

足さばきが楽チンでどんなトップスにも合わせられる、テッパンのすそ絞りパンツを、この機会にぜひ試してみてくださいね♪

 

スタッフ 竹下

Amazonのページはコチラから>>

和太鼓奏者 鷹-TAKA-さんの20周年記念コンサートが中野で開催されます。

以前から衣装でお手伝いさせていただいている和太鼓奏者 鷹-TAKA-さんの
「太鼓道20周年記念コンサート」が今週末の6月9日(土)なかのZERO小ホールで開催されます。

 

おおぉ20周年おめでとうございます^^

ドドーンも「塚本兄弟」さんから「和太鼓暁」さんと、衣装では十年来のおつきあいになりました。
昨年からはプロとして活躍も始められ、その活躍ぶりにいつもパワーをいただいています。

 

そんな大活躍の鷹さんの20周年コンサート。
すごいものになっているそうですo(^^)o

 

詳しい情報は、「鷹-TAKA-オフィシャルウェブサイト」からどうぞ>>

 

和太鼓に興味のある皆様必見です。
鷹さんの20年の太鼓道を感じに、ぜひ会場へ!!

チーム名を入れたい!オススメの書体をご紹介

 

「チーム名を覚えてほしい。」
「チーム内で連帯感を持ちたい。」
という理由から、チーム名入れたいというご要望が多いです。

また、オリジナリティは出したいけど、柄を入れるにはちょっとハードルが高いなぁ、、と思われているチームさんでも、トライしやすいのが、チーム名を入れることです。

 

「チーム名を入れたいけど、ロゴは持っていない」
「どんな文字を選んだらいいの?」

というチームさんのために、ドドーンでは書体のご提案も行なっています。

力強い筆文字や、線が細くのキレイな行書体までいろいろ取り揃えています。

 

 

●衿の名入れにオススメの書体
行書体や楷書は衿に名入れをする時にオススメの書体です。
幅の狭い衿には線の細いキレイな書体でプリントすると、スッキリバランスよく見えます。

書体のおすすめは下記をご参考になさってくださいね↓↓↓

 

【プリント事例1】

書体1(行書体)で衿に名入れをしました。
サイズが違っても衣装のイメージが同じに見えるように、位置は調整してプリントしています。
※データ制作作業には別途アートワーク料がかかります。

 

●背中や胸にチーム名を入れるときにオススメの書体
背中や胸にチーム名を入れる場合は、目を引く力強い筆文字がオススメです。
もちろん既にチームロゴをお持ちの方もプリント可能です。

書体のおすすめは下記をご参考になさってくださいね↓↓↓

 

【プリント事例2】MABUI太鼓さん

MABUI太鼓さんは、書体5でチーム名入れました。
一文字一文字大きさを変えてデザイン的にレイアウトしました。
※データ制作作業には別途アートワーク料がかかります。

 

「チーム名を入れたいが、いい感じにいれてほしい」
「チーム名と柄をうまく組み合わせて、かっこよくしてほしい」

というお声をよくいただきます。
もちろん、レイアウトは私たちにお任せください!
みなさんの「かっこいい」を形にできるよう、ご提案させていただきます^^

そのほかのチーム名を入れている衣装は「衣装ギャラリー」で紹介しています。
是非ご覧ください。

衣装ギャラリーはコチラから>>

 

スタッフ 竹下

 

【金らん生地の紹介】巴(ともえ)

オーダー衣装の場合は、華やかな衣装にしたいと小物に金らん生地を使うチームさんがたくさんいらっしゃいます。

「どんな柄があるの?」
「どの柄をつかったらカッコいいのかな?」
というチームさんのために、取り扱っている金らん生地をご紹介します。
柄選びのご参考になさってください。

金らん生地は、金糸や銀糸を使ったり、細く切った金箔を織り込んだ生地です。四季折々の花や小紋柄などをきらびやかに美しく表現しています。

金らん生地は洗濯ができません。
お衣装を長くご愛用頂くために、上着やパンツなど衣装の一部として使用することははお受けしておりません。
帯や手甲などの小物にはお使いいただけます。


巴(ともえ)紫×金

【金らん生地についての注意点】
金らん生地は生産が少ないため、注文生産となります。
制作期間に約1ヶ月ほどかかかりますので、金らん生地をご希望の場合はお早めにご連絡ください。
生地のみの販売はしておりません。あらかじめご了承ください。
希望の柄がない場合は、ドドーンからご提案もできますのでお気軽にご相談ください。

 

そのほかの金らん生地を使った衣装は「衣装ギャラリー」で紹介しています。
是非ご覧ください。

衣装ギャラリーはコチラから>>

 

スタッフ 竹下

 

【プリント柄紹介】勢いのある渦柄シリーズ

オーダー衣装の場合は、衣装にプリントをされるチームさんがたくさんいらっしゃいます。
「オリジナル衣装は作りたいけど、柄のデザインはできないよー」「どんなのを選んだらいいの?」というチームさんのために、ドドーンではプリント柄のご提案も行なっています。

今回は、勢いのある渦柄をご紹介します。

渦柄のポイントは、観客の目を引きインパクトを与えることができること!

幾何学的な渦模様は、衣装に動きが出て、観ている方の目を引きます。
また、おなじ渦でも風や水流・炎・雷雨など、見る人によってさまざまな表情を見せるのが特徴的です。
色合いを変えるだけでもガラリと雰囲気が変わりますよ。

ドドーンではチーム名と組み合わせて使われることが多く、「チーム名を覚えてもらいたい」という時に背景として使うのも効果的です。

いろいろな表現ができる渦柄のおすすめは下記をご参考になさってくださいね↓↓↓

柄を見ただけではイメージ出来ないよーという方もご安心ください^^
実際に渦柄を使ったチームさんの衣装をご紹介します。

 

【プリント事例1】近江和太鼓団「巴(うずまき)」~UZUMAKI~さま

近江和太鼓団「巴」(うずまき)さまは、渦柄とチーム名を組み合わせています。
通常は同系色やシルバー系を選びがちですが、舞台に立つときにインパクトを出すために渦柄は赤色でプリントしました。
チーム名は渦が始まる部分に配置するとバランスが良いです。
※データ制作作業には別途アートワーク料がかかります。

 

【プリント事例2】中川町郷土芸能 誉平(ぽんぴら)太鼓保存会さん

中川町郷土芸能 誉平(ぽんぴら)太鼓保存会さんは、渦柄とチーム名を組み合わせています。
小さめのプリントでも目を引くように、右肩のアクセントとなるようにプリントしました。
※データ制作作業には別途アートワーク料がかかります。

 

「この渦柄を使いたいので、あとはいい感じにお願いします!」
「チーム名と柄をうまく組み合わせて、かっこよくしてほしい」

というお声をよくいただきます。
もちろん、レイアウトは私たちにお任せください!
みなさんの「かっこいい」を形にできるよう、ご提案させていただきます^^

 

そのほかの渦柄は「衣装ギャラリー」で紹介しています。
是非ご覧ください。

衣装ギャラリーはコチラから>>

 

スタッフ 竹下

 

【プリント柄紹介】その他のプリント柄シリーズ

オーダー衣装の場合は、衣装にプリントをされるチームさんがたくさんいらっしゃいます。
「オリジナル衣装は作りたいけど、柄のデザインはできないよー」「どんなのを選んだらいいの?」というチームさんのために、ドドーンではプリント柄のご提案も行なっています。

また、人気の巴柄・波柄・龍柄のほかにも様々なプリント柄をご用意しています。
「桜じゃなくて藤がいいな」「鳳凰(ほうおう)を使いたい」「家紋をいれてほしい」など、お客様のご要望をお聞きしてからご提案することも可能です。
ご希望の柄が見つからない時はお気軽にご相談くださいね。

その他、取り扱っている柄をご紹介します。ご参考になさってください↓↓↓

 

柄を見ただけではイメージ出来ないよーという方もご安心ください^^
実際に柄を使ったチームさんの衣装をご紹介します。

【プリント事例1】春日(かすが)太鼓さま

佐世保卸団地(させぼおろしだんち)太鼓さまは、背中には紋を、左裾には鯉を配置しています。
鯉のプリントは紋に負けないように大きめでプリントしています。
※データ制作作業には別途アートワーク料がかかります。

 

【プリント事例2】飯原(いいはら)太鼓さん

飯原(いいはら)太鼓さんは、背中には大きくチーム名を。右裾には稲穂を巴柄をプリントしました。
稲穂はチーム名にかからないよう反転させています。稲穂の根元部分がばらけるとバランスが悪くなるので、根元部分はまとまるよう計算してレイアウトし直しています、
※データ制作作業には別途アートワーク料がかかります。

 

「この花柄を使いたいので、あとはいい感じにお願いします!」
「チーム名と柄をうまく組み合わせて、かっこよくしてほしい」

というお声をよくいただきます。
もちろん、レイアウトは私たちにお任せください!
みなさんの「かっこいい」を形にできるよう、ご提案させていただきます^^

 

そのほか柄をプリントした衣装は「衣装ギャラリー」で紹介しています。
是非ご覧ください。

衣装ギャラリーはコチラから>>

 

スタッフ 竹下