【店長ブログ】玄関先のお花を植え替えました

スタッフとともに、玄関先の花を植え替えました。

タネから苗を育てる私の従姉妹が、植え替えの時期になると次のお花を届けてくれるのです。
スタッフもすっかり慣れて、上手に植え替えができています。

正面はまばらに見えますが、今年はこぼれダネから出た芽もあるようで、それも残してみました。

お祭りシーズン前で、来社されるチームさんも増える時期。

新しいお花でみなさんを明るくお迎えできたらいいな、と思っています。

衣装を作りたい!カタログ請求した後はどうすればいいの?

夏も近づきお祭りシーズンですね♪
竹下もお祭り好きなのでワクワクしてきちゃいます。

 

さて、今回はドドーンのお問い合わせの中からご質問の多い
「カタログ請求した後の流れ」をご紹介します^^
カタログ請求した後に、皆さんにしていただきたいことは3つあります。

 1. 衣装イメージを膨らませましょう!

まずは、作りたい衣装イメージを考えてみましょう。
チームカラーで色を決めたり、
地域を元気にしたいという思いから太鼓を打っているチームさんも多いと思うので、
地域のものを取り入れてみるのもいいですね!

それでも、「思い浮かばない💦」という方は、
衣装ギャラリーからお好きな衣装を探して考えてみるというのもOKですb

 

イメージが固まったら、カタログ同梱のお見積り依頼書に描きこんでみましょう
詳しくは【衣装制作】衣装作りの第一歩!衣装イメージを描いてみようのブログにてご紹介しています

「どうしても描けない~」という方も、お気軽にご相談くださいね(*^^*)
思いをお伺いしながら、一緒に衣装のイメージを固めていきましょう!

2.  衣装イメージをドドーンまでお知らせください

衣装イメージをもとに、ドドーンが無料でお見積りいたします。

 

メールから送る場合はコチラから>>

LINEで送る場合はコチラから>>

3.    見積内容をご確認いただき、お申込み

お見積りをご確認の上、ドドーンまで制作希望とお知らせ下さい。

 

 

その後、初期費用などをお支払いいただき打ち合わせがスタートになります。
打ち合わせ後の流れは、また次回のブログにてご紹介しますね(^_-)-☆

 

夏は好きだけど、日焼けしないよう必死になる竹下でした~^^

 

スタッフ 竹下

 

【店長ブログ】太鼓衣装スタイルブックvol.3のモデル撮影をしました

新しい元号になった最初のスタイルブックを、近々発行します。
今回は新元号にちなんだ衣装もデザインしました。

太鼓衣装

誌面のデザイナーさん、カメラマンさんとも、いつものあうんの呼吸で撮影は順調に進みます。

モデルさんの衣装直しやポージングもスタッフ同士意見を出し合いながら、よりみなさんに伝わるように考えます。

今回は衣装の動きを動画でもお伝えする予定です。

出来上がりまでもう少し。

みなさんの衣装イメージを刺激するスタイルブックを目指しています。

どうぞ、お楽しみに。

【衣装紹介】朱雀会さん:エンジ×紺の格好良い立ち衿半天

今回は朱雀会さんの衣装をご紹介します。

長野県で活動する朱雀会さんの衣装

 

===========================

チーム名:朱雀会(すざくかい)
地域:長野県
アイテム:立ち衿半天
制作日数:デザイン決定後から約2カ月

===========================

 

立ち衿半天を製作しました。
朱色(えんじ色)ベースに、背中には大きく「朱雀会」の文字をプリント。
こち他の文字は、すでに持っているハッピと同じロゴを使いたいということで
弊社にて文字を取り込みプリントできるようにしました。
前面にも、アクセントとして朱雀柄もプリントしました。
衿は低めの5cmにして、顔に当たらず演奏に集中できる高さに。
細部を紺色にすることによって、衣装をグッと引き締めてくれます。

 

 

朱雀会さんありがとうございました。
今後の活躍も楽しみにしていますね^^

 

オーダーについて詳しくはコチラ >>>

メールでのお問い合わせはコチラ >>>

オーダー専用カタログの請求はコチラ>>>

 

スタッフ 竹下

 

【ドドーンの絆】その日その場でしか味わえない、唯一無二に躍動「和太鼓 鼓太郎」さん

『ドドーンの絆』では、二人三脚でオーダー衣装をお作りしてきた、お客様と私たちとのエピソードをご紹介しています。

 

今回は、ドドーンの公式サイトでモデルをつとめてくださった「和太鼓 鼓太郎」さんをご紹介します。

和太鼓鼓太郎
打ち手が即興で自分だけのバチ捌きや間を使い自分自身を表現する『三ツ打ち打法』に魅了され、
初代メンバー4人で、地元の「清水鼓友会」に入会しました。
そして、平成11年に「和太鼓 鼓太郎」を結成。
第1回福井和太鼓選手権にて優勝。
同じ曲でも、演奏するたびに新たな即興を織り交ぜ、
一瞬一瞬、今でしか表現できない演奏を心がけ、
海外でのコラボ演奏にも招待された方もいらっしゃいます。

和太鼓鼓太郎法被

福井らしさに誇りを持ちながら、メンバー一人一人の個性が光り
グループとしても独特な間や空気感を表現できるよう
日々楽しみながら演奏、稽古されています。

 

鼓太郎さんありがとうございます♪
今後の活躍がますます楽しみです^^

そんな鼓太郎さんの活動はFacebookで>>
是非チェックしてみてくださいね!

 

【店長ブログ】最高のパフォーマンスのために、衣装も考えぬく

0.01秒でも早く 1mmでも遠くへ
スポーツ選手が日々向上するために、スポーツウェアも進化し続けています。

太鼓衣装も、進化を続けたい、と思っています。

みためのデザインはもちろんですが、
動きやすさ、軽さ、扱いやすさ、といった機能性も追求していきたい。

ドドーンが生み出した「立ち衿半天」は、最初の形が生まれてから10年が立ちます。
でも、何度もなんども改良を重ねてきた進化形です。

例えばわきの開き具合を再度検証した時のもの。

動きがスムーズで、袖口のきれいな「あき具合」をみつけるまで、さまざまな太鼓奏者さんに試着をお願いし、改良をかさねました。


モデル撮影協力:和太鼓鼓太郎さん(福井県)

伝統的な衣装でも、今を生きているみなさんの感覚は、その時代の流行や感覚に影響されているものです。
衣装をみてなんだか古っぽいな、と感じるときは、その感覚が動いているのです。

太鼓衣装はみられる衣装でもあります。

動きやすいこと
かっこいいこと (太鼓女子はかっこかわいい、や、綺麗も)

機能性とデザイン。
両面から考える太鼓衣装は、奥が深くて興味がつきない衣装です。

▼オリジナル太鼓衣装ドドーン 最高のパフォーマンスのために
http://www.taiko-costumes.jp/about/move-easy/

【衣装紹介】川上村立川上中学校さん:昔から使っている衣装をデザインそのままに新しくお作りしました

川上村立川上中学校さん(奈良県)の和太鼓衣装をご紹介します。

川上村立川上中学校太鼓部の衣装。紫

===========================

チーム名:川上村立川上中学校
地域:奈良県
アイテム:袖なし半天+帯+手甲+ハチマキ+パンツ(既成品)
制作日数:デザイン決定後から約2カ月

===========================

『今まで使っていた衣装と同じ物をつくりたい。』とご相談頂きました。
以前使っていたお衣装を弊社に送って頂き、新しく作り直しました。

川上村立川上中学校太鼓部の衣装。黒
「袖なし半天」は、紫と黒のリバーシブル仕様になっています。
左右の名入れや背中のロゴマークも前回のお衣装と同じ物をプリントしています。
衿ふちや袖ふちに使われている赤色がアクセントになっていますね。

「帯」「手甲」は川上村立川上中学校さまのオリジナルの形です。
金襴生地で制作しているのでキラキラと光り舞台映えします。

川上村立川上中学校太鼓部のハチマキ
「ハチマキ」も黒とグレーのリバーシブルになっています。

川上村立川上中学校さんありがとうございました!
これからの活躍も楽しみにしています^^

 

オーダーについて詳しくはコチラ >>>

メールでのお問い合わせはコチラ >>>

オーダー専用カタログの請求はコチラ>>>

 

スタッフ 竹下

すそ絞りパンツのお洗濯方法

ドドーンの太鼓衣装で人気のアイテム、追加オーダーも多いのがすそ絞りパンツ。
アマゾンオンラインストアで1著から購入できます。


※モデル 和太鼓鼓太郎さん(福井県)/ すそ絞りパンツ定番カラー3色

ウエストゴムではくだけで形が決まるので、大人の方はもちろん、学生さんにもよくご利用いただいています。

今日は、これから汗をかく季節なので、そのお洗濯方法をおしらせします。

洗濯方法といっても、特別なことはなく…

すそ絞りパンツをネットに入れて

洗剤を入れてスイッチオン

生地がポリエステルのものは、乾きも早いです。
吊るして干せば、シワにもなりにくいです。

はくのも楽、お手入れも楽なすそ絞りパンツ。
店長もおすすめです。
ぜひお試しくださいね。

店長 横山

衣装とお揃いのTシャツで夏を楽しもう!

最近では、暑くなってきて半袖をタンスからひっぱりだしはじめた竹下です。
夏も近づいているんだなと、ひしひし感じます。
まだ5月というのに…この先どうしよう(笑

 

太鼓チームの皆さんも夏に向けて、毎週の練習に打ち込んでいる時期ですね^^
「夏の衣装は暑いな、すずしい格好で演奏したいな」
と思う、演奏者さんも多いのではないでしょうか。
そんな時は衣装とお揃いになるような、オリジナルTシャツはいかがでしょうか。

 

 

養父太鼓鼓彩さんのオリジナルTシャツ例えば、養父太鼓 鼓彩(やぶだいこ こい)さんは
2014年に作った衣装の背中のロゴマークをそのままTシャツにもプリントしました。
使い勝手の良い黒色で作るのもよし、
衣装のカラーに合わせると、よりチームらしさが出ます。

 

 

七ヶ浜夕見太鼓さんのオリジナルTシャツ七ヶ浜汐見太鼓(しちがはまゆうみたいこ)さんは、
今までは夏の暑いでも腹掛けに法被でクラクラしながら演奏していたそうです。
Tシャツにしてからは、暑さも解消されて楽しく太鼓を打てました。。
速乾性のあるドライTシャツなら、よりすずしく演奏することができますよ。

 

もちろん、ドドーンでお衣装をおつくりしていない方も
持っている衣装を画像でお送りいただければ、ご提案も可能です^^
お気軽にご相談くださいね♪

 

この夏、チームオリジナルのTシャツで夏をすずしく楽しみませんか。
私も、ドドーン(横山工藝)のオリジナルTシャツで夏を乗り切ろうと思います(・`д・´)b

横山子芸のスタッフTシャツ

 

メールでのお問い合わせはコチラ >>>

オーダー専用カタログの請求はコチラ>>>

 

スタッフ 竹下

 

春のお祭りで、太鼓や笛、子供達のかけ声が聞こえてきます

週末は朝から太鼓や笛の音、子供達の「わっしょい!わっしょい!」のかけ声でにぎやかでした。

お神輿をひく法被姿の子供達。

弊社の前でも、頑張ってお神輿をあげてくれました。

例年、弊社の駐車場が休憩所です。

おやつやジュースをもらって、休憩どころかはしゃぎまわる子供達。
子供たちの声がにぎやかなのはいいですね。

弊社の地区は子供が増えていて、これまでになく参加者も多いお神輿でした。

その後、神社の方が来られ、会社のお祓いもしていただきました。
とても清々しい気持ちになりました。

その日はあちこちから太鼓やかけ声が聞こえて、お神輿と共に練り歩いていました。
昔から大好きな光景が今もかわらず見られて、とても嬉しいです。

店長 横山