【プリント柄紹介】勢いのある渦柄シリーズ

オーダー衣装の場合は、衣装にプリントをされるチームさんがたくさんいらっしゃいます。
「オリジナル衣装は作りたいけど、柄のデザインはできないよー」「どんなのを選んだらいいの?」というチームさんのために、ドドーンではプリント柄のご提案も行なっています。

今回は、勢いのある渦柄をご紹介します。

渦柄のポイントは、観客の目を引きインパクトを与えることができること!

幾何学的な渦模様は、衣装に動きが出て、観ている方の目を引きます。
また、おなじ渦でも風や水流・炎・雷雨など、見る人によってさまざまな表情を見せるのが特徴的です。
色合いを変えるだけでもガラリと雰囲気が変わりますよ。

ドドーンではチーム名と組み合わせて使われることが多く、「チーム名を覚えてもらいたい」という時に背景として使うのも効果的です。

いろいろな表現ができる渦柄のおすすめは下記をご参考になさってくださいね↓↓↓

柄を見ただけではイメージ出来ないよーという方もご安心ください^^
実際に渦柄を使ったチームさんの衣装をご紹介します。

 

【プリント事例1】近江和太鼓団「巴(うずまき)」~UZUMAKI~さま

近江和太鼓団「巴」(うずまき)さまは、渦柄とチーム名を組み合わせています。
通常は同系色やシルバー系を選びがちですが、舞台に立つときにインパクトを出すために渦柄は赤色でプリントしました。
チーム名は渦が始まる部分に配置するとバランスが良いです。
※データ制作作業には別途アートワーク料がかかります。

 

【プリント事例2】中川町郷土芸能 誉平(ぽんぴら)太鼓保存会さん

中川町郷土芸能 誉平(ぽんぴら)太鼓保存会さんは、渦柄とチーム名を組み合わせています。
小さめのプリントでも目を引くように、右肩のアクセントとなるようにプリントしました。
※データ制作作業には別途アートワーク料がかかります。

 

「この渦柄を使いたいので、あとはいい感じにお願いします!」
「チーム名と柄をうまく組み合わせて、かっこよくしてほしい」

というお声をよくいただきます。
もちろん、レイアウトは私たちにお任せください!
みなさんの「かっこいい」を形にできるよう、ご提案させていただきます^^

 

そのほかの渦柄は「衣装ギャラリー」で紹介しています。
是非ご覧ください。

衣装ギャラリーはコチラから>>

 

スタッフ 竹下